36e12542a419c73881c08fe17da23f20_s

ノロウイルスに効く有効な薬は残念ながらありません。厄介なことに非常に強い抵抗力と感染力をもっているので、ノロウイルスから身を守ること、感染する前の予防が大切です。

ノロウイルスに感染すると、下痢だけでなく嘔吐を引き起こします。腹痛や軽く熱が出ることもありますが、主な症状は下痢と嘔吐が続くことです。特に乳幼児の下痢や嘔吐は、脱水症状に注意が必要です。

ここでは、ノロウイルスの感染経路や、対策、予防法を徹底紹介。お子様がいる方は必見ですので、ぜひ参考にしてください。

Sponsored Links

ノロウイルスの感染経路は?

感染経路は経口感染です。口からノロウイルスが入ってきます。食べ物や水に含まれるウイルスや空気中に漂っているウイルスが口から入ってくることで感染します。

感染者の便や嘔吐物には大量のノロウイルスが含まれています。便はトイレで処理されるため広がりにくいですが、嘔吐の場合は床に残ることが多いため、ウイルスがホコリとともに空気中に漂い、感染が広がっていきます。

だから消毒液を殺菌することが大切です。特にノロウイルスが流行する11月から3月にかけては空気が乾燥しているため、乾燥に強いノロウイルスが一気に広がるのです。

 ノロウイルスの特徴は?

ノロウイルスの特徴は抵抗力が強いことです。水中でも長時間生きていることが可能で、乾燥や高温にめっぽう強い。だから乾燥している冬期は感染が広がりやすいのです。

調理者に付着したウイルスが食品に入ってしまい、その料理を食べたものが感染する。海水にも潜伏しているため貝にも付着している場合があり、加熱せずに生で食べると感染します。

ノロウイルスには有効な薬はないため、点滴や吐き気をおさえる薬を飲む対症療法しかありません。だから感染する前の対策を十分にすることが有効なのです。

Sponsored Links

ノロウイルスの対策は?

ノロウイルスが体内に入らないようにしっかり対策をしておきましょう。

生活週間を見直す

・感染者の嘔吐処理はビニール手袋とマスクを必ず着用
・トイレ後と食前の手洗い徹底
・タオル共用をやめる
・調理は85度で1分以上加熱する

対策を十分にしても感染した場合は、吐き気を抑える薬を飲んだり、脱水症状の場合は病院で点滴をうってもらい、安静にしていることです。

ノロウイルスに感染した場合の食事

・おかゆ
・鶏ささみ
・白身魚
・リンゴすりおろし

ノロウイルス感染中はさける食事

・揚げ物
・ごぼう
・タケノコ
・豆類
・海草類





ノロウイルスは症状が消えても排出物に潜伏しています。10日から1ヶ月も潜伏していることもあるため、症状が消えても注意が必要です。

ノロウイルスに有効な対抗手段は予防が一番です。感染しないように普段の生活の中で注意していきましょう。

Sponsored Links