a14f4101fb7f3d82e9ae00bffaf9542b_s

大阪夏の風物詩「なにわ淀川花火大会」が今年も開催されます! 淀川を舞台に繰り広げられる関西最大規模を誇る花火大会で、観客動員数は40万人を誇り、大阪ビッグイベントの1つになりました。

花火打ち上げ数は未公開なので推定ですが、10,000発以上が打ち上がる規模の大きな花火大会です。

ここでは、なにわ淀川花火大会の日程や見どころはもちろん穴場スポット、そのほか大会ならではの注意点などを紹介していきます! それでは、早速見ていきましょう!

Sponsored Links

なにわ淀川花火大会2016の日程をチェック!

毎年8月第2土曜日に開催されるなにわ淀川花火大会の今年の開催日時が決定しました。

2016年の開催は…
8月6日(土)

打ち上げ時間は…
19:40〜20:40

雨天決行となっていますが、荒天の場合は翌7日(日)に順延されます。2014年は中止になっているので、当日の朝は天気予報はチェックしておきましょうね。

また、今年に関してはスタートが10分早くなって19:40からの開催となっています。60分まるまる花火大会が楽しめるようパワーアップしているので絶対に見逃せませんね。

打ち上げ場所は?

花火打ち上げ会場は、淀川河川敷(淀川区新北野1−5付近)です。

打ち上げ場所を中心に、観覧エリアは大きく十三側と梅田側にわかれます。

十三(じゅうそう)会場

JR神戸線「塚本駅」徒歩15分
阪急電鉄「十三駅」徒歩15分

十三側には、エリアにより阪急南方駅や地下鉄西中島南方駅、そのほか阪神姫島駅も利用できます。十三駅界隈の混雑を避けるのであれば、こちらの駅の方がおすすめですよ。

梅田会場

JR大阪環状線「JR大阪駅」徒歩20分
阪急電鉄「梅田駅」徒歩25分

梅田側は、そのほか中津駅、福島駅、野田駅、淀川駅も利用できますが、どの駅もホームが狭く、混雑時は危険な状況になるため利用しない方がいいですよ。

念のため主要駅の最終電車も確認しておきましょう。

淀川花火大会の見どころをチェック!

見どころは、いきなりオープニングからやってきます。5秒前のカウントダウンとともに会場内の照明は消え、度肝をぬく10号玉が打ち上がり大会が幕を開けます!

2015年の迫力ある動画をみつけましたのでご覧ください。

なにわ淀川花火大会の名物となった水面で半月上に開く水中花火とスターマインの競演が続きます! 夜空に上がる花火と違い、花火職人の腕が試される打ち上げ法なので、花火師の見せ所の1つでもあるんです。水面を明るく照らす花火が幻想的で、見るものをうっとりさせます!

圧巻はフィナーレの連続花火です。息つくひまがないほどに連続で打ち上げる花火は、絶対に期待を裏切りません。ぜひ会場に足を運び花火の迫力を体感してくださいね。大会プログラムもチェックしておきましょう。

大会プログラム

19:40
オープニングは音楽に合わせて花火が打ち上がります。例年より10分早く始まるので注意ですよ。
19:51
「WE LOVE なにわ」なにわ淀川花火大会の代名詞ともなった「水中花火」が夜空と水面に打ち上がります。
20:09
光と音によって生み出されるスカイナイトコンサート。ライブを楽しむ感覚で楽しみましょう。
20:30
なにわの新名物となるであろう「いてまえ」スターマインが打ち上がります。大会史上最大級のワイドな演出が続きますよ。
20:37
グランドフィナーレは圧倒的なボリュームで締めくくりとなります。

それでは次に穴場スポットをみていきましょう。

Sponsored Links

穴場スポット完全ガイド

40万人近くの人出で賑わうため、会場周辺はどこにいっても激混みです。少しでも混雑を避け、ゆったり花火を観覧できる穴場スポットを3つ厳選しましたので紹介していきますね。

海老江地区野球場

阪神電車「淀川駅」から徒歩16分

高速道路の高架がなければ最々高のスポットなのですが、比較的ゆったり花火を堪能できますし、駅からのアクセスも良いので、家族連れにもオススメです。

日本ペイントビル前

JR環状線「福島駅」から徒歩15分
阪急電車「中津駅」から徒歩16分

打ち上げ会場も間近で、花火が空から降ってくるのを体感できます。見上げる格好で花火を観覧し、迫力満点です。ビル正面は立ち入り禁止ですが、多少ズレればOKですので、ベストポジションを見つけましょう!

本庄公園

御堂筋線「中津駅」徒歩12分

打ち上げ会場から少し離れますが、 決して遠すぎず花火はキレイに見ることができますよ。ゆったり花火を観覧するにはオススメの穴場スポットです。

打ち上げまでの間、待っている時間を有効に使えるのも魅力です。周辺地域の中崎町界隈は、古い町家や商店街など昭和の匂いも残っていたり、お洒落なカフェもあるなど、散策するのもオススメですよ!

穴場スポットはおすすめですが、やっぱりベストな観覧スポットは有料席です。参考までに紹介しておきますね。

Sponsored Links

観覧チケット情報

場所取りの苦労を避けられ専用トイレも使えるなど、ゆったり花火を観覧するにはやっぱり有料席がオススメです。チケットは昨年同様に完売することが予想されますので、早めに手配しておきましょう!

協賛観覧席

十三会場
堤防パノラマスタンド 3,000円・3,500円
エキサイティングシート 9,000円
アリーナシート 7,000円
ステージシート 8,000円
納涼船 18,000円

梅田会場
パイプ椅子 4,500・5,000円
ダイナミックシート 2,500円・3,000円

予約方法

電話で購入 06−6307−7765 (24時間音声案内)
チケットぴあや各コンビニエンスストアで購入可

専用入り口から入場できる有料席は、混雑も避けられますし、特等席で花火を見ることができます。快適に花火観賞するなら間違いなく有料席がベストですので、検討してみてください。

淀川花火大会の会場内での注意点

さいごに、なにわ淀川花火大会での注意点を紹介しますね。

場所取り

無料観覧場所の場所取りですが、当日の12時以降と決められています。12時前にブルーシートなどを敷いておくと、確実に撤去されるので注意しましょう。シートだけを置いておくのも、撤去される可能性が高いですので、必ず誰かにいてもらい場所を確保しましょう!

交通規制

花火大会当日は、大混雑で交通規制が敷かれます。車はもちろんのこと、自転車やバイクでのアクセスはやめましょう。公共交通機関を使って、早めに会場に入っておくことがポイントです。有料席ですら、大混雑のため会場入りが遅れる場合もあるので、早め早めの行動を心がけましょう!

熱中症対策

この時期は太陽の照りつけも厳しいので、花火打ち上げまでに熱中症にならないよう水分補給を怠らず、塩分を含んだ飲料水を取るようにしましょう! また河川敷で観戦する方は、虫除けスプレーも忘れずに!
参考:虫除けスプレーおすすめはこれっ!人気ランキングを紹介!





大阪夏の風物詩となったなにわ淀川花火大会! 穴場スポットや見どころをおさえておくと、より花火大会を楽しむことができますよ!

今年はぜひ会場まで足を運び、大阪の夏をとことん楽しみましょう!

Sponsored Links