お盆休みはGWや年末年始と同じ大型連休になる休みで、

忙しく働いている人にとっては長期間休める夏休みとなります。

1年の中でもまとまった休みが取れるお盆休みは、

海外に行く方や、ご先祖様を供養するために故郷へ帰省する方など

普段できないことを思う存分できる休みです。

今回は、お盆休みの計画を立てる為にも

2014年のお盆休みはいつからいつまでなのか?

合わせて渋滞や混雑を避けるための方法などを紹介します!

Sponsored Links

1章 お盆休みはいつからいつまで?

2章 2014年のお盆休みの特徴は?

3章 お盆休みの混雑を避ける方法とは?

1章 お盆休みはいつからいつまで?

もともとお盆とは、ご先祖様を供養するための儀式を行う期間のことで、

13日に迎え火でご先祖様の霊を迎え、16日の送り火で見送るのが一般的です。

一般的な会社の休みは、8月15日前後を夏季休暇としているところが多く、

8月13日~16日が一般的なお盆休みです。

これに土日が加わると、5連休から6連休になり大型連休となります。

また製造業や福利厚生に力を入れている会社は、

13~16日前後に一斉年休を取得させるため、

土日を付け加えて9連休となるケースも多いです。

9連休となれば期間を有効に使えることになり、

普段なかなか行けない海外旅行や故郷に帰省することもできますね。

そのためお盆期間の高速道路や公共交通機関は激混みなのですが…

2章 2014年のお盆休みの特徴は?

2014年の8月のカレンダーを見てみましょう。

karennda

8月は祝日がありませんから、土日がどう絡んでくるかで

お盆休みの長さがきまります。

8月13~16日を一般的なお盆休みとすると、

16日が土曜日、17日が日曜日ですので、

2014年は13~17日5連休となるのが一般的でしょう。

11と12日も一斉年休取得日に設定したり、休日を振替えていれば

9連休になるところも多いでしょう。

反対に業種によっては全く休みが取れないこともありますよね。

サービス業などは稼ぎ時ですし、販売業、飲食業や

人が混みあうレジャー施設、観光地はかき入れ時です。

このお盆休みの期間は多くの人が移動しますので、

公共交通機関や高速道路の混雑も避けられませんね。

お盆休みの混雑を避けるポイントがありますので合わせて紹介しますね。

Sponsored Links

3章 お盆休みの混雑を避ける方法とは?

お盆休みの高速道路や新幹線、飛行機などの公共交通機関は激混みです。

高速道路の渋滞何十キロなどは当たり前で、

乗り物の乗車率も150%や200%も珍しくありません。

少しでも渋滞や混雑をさけるために、ポイントがありますので紹介します。

◆高速道路

毎年発表される高速道路渋滞予想を参考にすると、

2014年の下りのピークは8月9日(土)です。

翌10日(日)は若干渋滞は緩和されますが、この2日間は大渋滞です。

2014年の下りのピークは2回あり、13日(水)も渋滞が予想されます。

一般的な休みが始まる13日(水)と9連休が始まる9日(土)の2日間は

避ける方が無難です。

どうしても避けられない場合は、時間帯を選ぶことです。

朝7時が渋滞のピークになりますので、それより早い時間か深夜の

移動がオススメです。

日中と違い照りつけもないですし、熱中症などの心配もいりません。

十分な睡眠をとらないと運転は危険ですが、

渋滞を避け効率的に移動できますので深夜、早朝の時間を選びましょう!

また上りのピークはお盆休み最終土曜日の16日です。

最終日17日は次の日から仕事が始まるということで、

休み最後の1日は余裕を持ってゆったりしたいのでしょう。

休みが終わる前日が上りピークになりますので注意しましょう!

◆新幹線

お盆休み期間中の上りと下りのピーク時は

乗車率が200%を超えることもありますが、

時間帯と電車の行き先を選べば比較的余裕がありますよ。

早朝の時間帯もしくは最終電車に近い電車は

それほど混雑もしないためオススメです。

また電車の行き先ですが、例えば名古屋に向かうとした場合は、

新幹線は新大阪行を選びましょう。

間違っても広島や岡山、博多行きを選ばないことです。

ちょっとしたことですが、混み具合は全然違いますよ。

1年の中でも、最も長期間休めるお盆休み、

カレンダーをチェックし有効に使いましょう!

せっかくの休みですので、しっかり計画を立てて楽しみましょう!

観光地も交通機関も料金は跳ね上がりますので、

こういう時こそ、遠出しなくても楽しめる方法を見つけるのも良いですね!

Sponsored Links