ee123ee7747648ba847b4fb1fd498eab_s

日本で最も有名といっても過言ではない隅田川花火大会が2016年も開催されます! 隅田川花火大会は下町全体が祭り会場となっている雰囲気で、お店や屋台でグルメを楽しめるし、浴衣で歩いている人をみるだけで気分が盛り上がってきます。

ただし、東京の夏の風物詩となった花火大会のため会場周辺はどこも人、人、人の山です。さすがに、100万人もの人が押し寄せる大人気の花火大会ですので、打ち上げ会場周辺の混雑は必至です。特に会場近くの駅の混雑はひどく、外に出るのも一苦労。

ここでは、隅田川花火大会をより楽しむための攻略法をお伝えしていきます。おすすめの観覧場所や穴場スポットのほか、日程や見どころもあわせて紹介しますね。では、早速見ていきましょう!

Sponsored Links

2016年の日程と打ち上げ場所を確認!

隅田川花火大会は、1733年の江戸時代から始まった日本最古の花火大会で、徳川吉宗の命により誕生した庶民に最も愛された花火大会です。歴史と伝統を感じますね。

現在では観客動員数100万人以上を誇る東京を代表するビッグイベントの一つとなりました。ちなみに2016年の日程が発表されましたので紹介しますね。

2016年の日程

2016年隅田川花火大会の日程は…
7月30日(土)

荒天の場合は翌31日(日)に順延の予定でしたが、延期されないことが決定しました。30日が荒天の場合は中止となります。都知事辞職に伴う都知事選とかぶったため延期されませんので、注意してくださいね。

打ち上げ時間は…
19:05~20:30

当時の天気が不確定で、実施するかどうか微妙な場合は7月30日、花火大会当日の午前10時までに実施が決定されます。天気予報はチェックしておきましょうね。

打ち上げ場所

打ち上げ場所は第一会場と第二会場に分かれており、それぞれが競い合うようにプログラムが進んでいきます。

◆第一会場:桜橋(さくらばし)~言問橋(ことといばし)

最寄駅:浅草駅、東武浅草駅より徒歩15分

◆第二会場:駒形橋(こまがたばし)~厩橋(うまやばし)

最寄駅:浅草駅、東武浅草駅、蔵前駅より徒歩5分

日程と打ち上げ時間をチェックしたところで、見どころと大会プログラムをみていきましょう。

見どころと大会プログラム!

第一会場は9,350発、第二会場は10,650発と合わせて20,000発の花火が咲き乱れます! 迫力ある動画がありましたので、まずはご覧ください。

第一会場では花火業者10社による花火コンクールが開催され、花火師たちがワザを競い合います。毎年趣向を凝らした花火が楽しめるのも隅田川花火大会の見どころの1つです。

また、第二会場の見どころは打ち上げ開始後5分間の1,000発花火です! スターマインなどの華やかな花火が繰り広げられ、この花火を目当てに多くの人々が訪れるんですよ。

◆大会プログラム
19:05 第一会場より祝砲が打ち上がり花火大会がスタート
19:30 第二会場の打ち上げ開始
19:40 第一会場で雷砲が上がり、花火コンクール開始
20:25 スターマインが連射で打ち上げられる
20:30 クライマックスに突入しフィナーレ

日程、打ち上げ場所を確認したところで、第一、第二会場ごとのおすすめ観覧場所と穴場スポットを見ていきましょう!

第一会場のおすすめ観覧スポットと穴場は?

第一会場の魅力は、浅草や押上エリアから近いため周辺には東京スカイツリーや浅草寺などの名所、名店が数多く存在します。花火の前にも飽きることなく、観光も楽しめるのも魅力なんです!

早速、第一会場のおすすめの観覧場所と穴場スポットを紹介しますね。東京スカイツリーと花火の写真も撮れるスポットもありますよ!

白髭橋(しろひげばし)

穴場スポットではないですが、花火の迫力を感じることができるおすすめの観覧場所です。

桜橋から上流へ300mほど行ったところにある橋で、絶好の花火ビュースポットですよ! 上流に歩いていけば東京スカイツリーと花火のツーショットを撮影できるのですが、混雑するスポットでもあります。

最寄駅:東武スカイツリーライン東向島駅より徒歩10分

隅田公園(すみだこうえん)

特に台東区側は遮る建物などがないため眺めは最高です!

人気の観賞スポットのため、午前中には場所取りシートでいっぱいになります。前日から並ぶ人もおり、朝9時には場所がなくなる場合もあるので、早めの行動がポイントです!

最寄駅:東武線・都営浅草線・東京メトロ浅草駅より徒歩5分

続いて、第一会場おすすめの穴場スポットを紹介しますね!

汐入公園(しおいりこうえん)

会場から離れているため、混雑を避けられる穴場スポットです。

打ち上げ会場から距離があるため、やや遠くなりますが、お子様や高齢の方をお連れの方にはおすすめです。花火はやや遠くなるため、迫力を感じるには物足りないですが、ゆったりと快適に過ごせる穴場スポットです! また、駐車場もありマイカーでアクセスができるのがGood!

駐車場:1時間まで200円、以後30分毎に100円
最寄駅:常磐線・つくばエクスプレス・東京メトロ南千住駅より徒歩15分

Sponsored Links

第二会場の穴場スポットをチェック!

第二会場は、第一会場に比べ人出が少ないのが魅力です。また、少し離れますが両国や浅草橋では混雑を避けゆったり観賞できるので、下町風情も楽しめますよ! 早速、第二会場の穴場スポットを紹介しますね。

大横川親水公園

会場から離れているため花火は小さいが、のんびりムードが漂うおすすめ穴場スポットです。公園近くの東駒形三丁目交差点はスターマインも観賞できるため最高のビュースポットです!

最寄駅:都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩5分

駒形どぜう前

老舗有名料理店の駒形どぜう前は、間近で打ち上がるため迫力ある花火を観賞できます!

夕方からの交通規制までは場所取りが禁止されているため、勝負は規制直後なんです。交通規制後に場所取りができるため、夕方から準備をしておけば最高のビュースポットを確保できるかもです!

最寄駅:都営浅草線浅草駅より徒歩3分

有料だけどゆったり見れるおすすめの場所は?

冷房もきいてゆったり観賞できる最高の場所は東京スカイツリーです! 花火大会当日は特別営業され上空450mから花火を眺めることができます。

ただし、入場者限定のためチケットは争奪戦になること必至! 運が良ければ購入できますよ。






花火大会当日の最寄駅は大混雑が予想されます。大会終了後の21時過ぎぐらいまで混雑するため、少し時間を置いてから帰宅するのが混雑を避けるコツです。特に浅草駅は22時頃まで大混雑するため、本所吾妻橋駅や蔵前駅などを利用しましょう。

日本でも最も有名な隅田川花火大会! 数年前は大雨で打ち上げが始まってから中止になったこともあります。当日の天気予報をしっかりチェックしてから出掛けましょうね。また穴場スポットもチェックして、より花火大会を楽しみましょう!

Sponsored Links