nobel

ノーベル賞は、今から100年以上も前に発明家、科学者として活躍したアルフレッド・ノーベルによってつくられました。毎年日本人も候補にあがるなど、世界中で注目され、最も威厳と歴史のある賞の1つになりました。

今回はノーベル賞の豆知識から賞金の金額、受賞条件や選考方法を徹底紹介! そのほか、これまでの日本人受賞者なども、あわせてお伝えしますね。だれでも!? チャンスがあるノーベル賞。早速みていきましょう。

Sponsored Links

アルフレッド・ノーベルはどんな人?

ノーベル賞をつくったのは、スウェーデン出身のアルフレッド・ノーベルです。ノーベルは、1833年にスウェーデンのストックホルムで生まれました。

発明家で建築家であった父親の影響で、工業科学に興味をもち、30歳のときには、なんとダイナマイトを発明しました。だれでも安全にあつかえるダイナマイトは、主に工事現場で使われるようになり、大人気となりました。

そのおかげで、ノーベルは莫大なお金を手に入れることになり、事業に成功したノーベルの遺産は200億円以上にもなったんですよ。

ダイナマイトで巨万の富を得たことから、ダイナマイト王とも呼ばれています。ダイナマイトは有名ですが、まさかノーベル賞とは結びつかないですよね。

ノーベル賞の誕生秘話

大金持ちになったノーベルは、この莫大なお金を有効活用するために、亡くなる7年も前から遺言を考えます。

その遺言には…
人類に貢献した人に毎年賞金を送る

とあります。

そうなんです。この遺言から生まれたのが「ノーベル賞」なんです!

ノーベル賞の各部門は、人の役に立つと思われる分野だけに絞られており、アルフレッド・ノーベルの遺言にしたがってつくられているんですよ。ノーベル賞は6部門に分かれていますが、全て人の役に立つ分野ばかりです。

◆ノーベル賞6部門
1.物理学賞
2.化学賞
3.生理学・医学賞
4.文学賞
5.平和賞
6.経済学賞

人類の発展を強く願った科学の賞である「物理学」「化学」「生理学・医学」、文学も人類に貢献すると考えた「文学」、ダイナマイトが戦争に使われることに心を傷め平和を強く望んだ「平和」、そして、1968年につくられた「経済学」の6部門となります。

Sponsored Links

受賞者の条件は?

ノーベル賞の受賞者について、じつは条件はありません。人種や国籍、年齢や学歴、性別などは問題にされず、つまり業績さえあれば、だれでも受賞できる賞がノーベル賞なんです。

唯一条件と呼べるものは、「生きていること」ぐらいです。死んだ人ではなく、今生きている人に賞を送るということが決められています。死んでからではなく、生きているうちにノーベル賞を渡すというのが条件なんですよ。

また、受賞回数の決まりもないため、同じ人が何度も受賞することが可能です。キュリー夫人は物理学賞、化学賞を受賞していますし、ボーリングも化学賞と平和賞を受賞しています。

選考方法は?

選考は、ノーベル委員会から依頼を受けて候補者を推薦する「推薦人」が推薦状を送ることから始まります。受賞者選びはいっさい秘密となっており、推薦人や候補にあがった人も公表されることはありません。

推薦状を受取ったノーベル委員会は、1次審査を行い候補者を絞り込みます。そこから各分野の専門家に意見を聞き、詳しい調査を始め最終的に十数人まで候補者を絞り、最後は多数決で受賞者を決定します!

毎年10月、全世界に発表されますが、受賞者には委員会から直接電話をかけて伝えられるんですよ。

賞金はいくら?

ノーベル賞の賞金額は、スウェーデン通貨で1000万クローネと決まっています。1つの部門で1000万クローネとなっているため、同部門に2人受賞者がいれば、賞金は分けられます。

日本円に換算すると約1億4000万円で、ノーベルの遺産を管理するノーベル財団から支払われます。

また、賞金と一緒にノーベルの顔が描かれた金メダルも手渡されます。全てのメダルの表には、この賞をつくったノーベルの肖像画が描かれ、裏側は、それぞれの賞によりデザインが違います。各賞を象徴する絵が描かれており、文学賞は女性の詩を書き留める若者が描かれています。

ノーベルの命日である12月10日に、ストックホルムにある式場でスウェーデン国王から賞状と金メダルが直接手渡されます。
※平和賞だけはノルウェーのオスロー市庁舎で授賞式が行わます。

賞金1000万クローネは高い、安いの賛否はありますが、ノーベル賞は名誉高き権威のある賞ですので、受賞者にとって賞金の額はあまり関係ないかもしれませんね。

Sponsored Links

世界が認めた日本人受賞者!

ノーベル賞を受賞した世界が認めた日本人を見ていきましょう!

受賞年受賞者受賞理由
1949湯川秀樹物理学賞:新しい素粒子の存在を予測
1965朝永振一郎物理学賞:量子力学の基本を完成
1968川端康成文学賞
1973江崎玲於奈物理学賞:エサキ・ダイオードを発明
1974佐藤栄作平和賞:沖縄返還
1981福井謙一化学賞:化学反応の謎解き
1987利根川進生理学・医学賞:免疫の謎解き
1994大江健三郎文学賞
2000白川英樹化学賞:電気を通すプラスチックを発明
2001野依良治化学賞:分子のつくり分け
2002小柴昌俊物理学賞:ニュートリノの観測
2002田中耕一化学賞:タンパク質を量る方法を発見
2008南部陽一郎物理学賞:モノの重さの謎解き
2008益川敏英物理学賞:クォーク6種類の予言
2008小林誠物理学賞:クォーク6種類の予言
2008下村脩化学賞:クラゲから光るタンパク質発見
2010鈴木章化学賞:クロスカップリングの開発
2010根岸英一化学賞:クロスカップリングの開発
2012山中伸弥生理学・医学賞:iPS細胞の開発
2014赤崎勇物理学賞:青色LEDの開発
2014天野浩物理学賞:青色LEDの開発
2014中村修二物理学賞:青色LEDの開発
2015大村智生理学・医学賞:熱帯感染症の治療法を発見
2015梶田隆章物理学賞:素粒子ニュートリノの質量発見
2016大隅良典生理学・医学賞:オートファジーの仕組みの解明



日本人のノーベル賞受賞者は、物理学賞11名、化学賞7名、生理学・医学賞4名、文学賞2名、平和賞1名の合計25名となっています。

世界で一番受賞者が多いのはアメリカで、イギリス、ドイツと続きます。アメリカが305です。ちなみに最年少受賞者は25歳で、最高齢は90歳です。




ノーベル賞は「すごい発見や人類の役に立つ大きな功績を残した人」で歴史に名前が残る偉大な賞です。

しかし、受賞者は特別な才能を持った人ばかりではありません。2008年に受賞した下村脩はこのように言っています。

ぼくは、実験が本当にヘタクソなんだ。実験は100回中99回は上手くいかなかったが、決してあきらめなかった。どこが間違っているのかを考え、反省して次の実験に活かす。あきらめない。これがいちばん大切だと思う

天才が受賞するわけではないノーベル賞。今年も受賞者に注目してみましょう!

Sponsored Links