27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

シミは紫外線の対策だけをしていれば良いと思われていますが、実は紫外線対策だけでは不十分なんです。ほとんどの方が、日焼け止めクリーム、美白クリームなどで紫外線対策していますが、原因は紫外線だけではありません。

季節に関係なくできるシミがあるんです!

ここでは、紫外線が原因ではないシミについて対策法を紹介します。特に女性に多いシミですので、30代になったら対策を始めてください。あなたのスキンケアが実は逆効果で、シミの原因になっているかもしれませんよ。

Sponsored Links

シミの原因は?

一般的によく知られているのは、シミの原因は紫外線。ということなので、対策に最も力を入れているのが紫外線対策かと思います。

そもそも紫外線によるシミとは、紫外線から肌を守るためにメラニン色素が皮膚にたまってできるものです。ほとんどの美白化粧品は、この紫外線シミをターゲットにしています。

ですが、シミの原因は紫外線だけではないんです。紫外線シミは茶色っぽいですが、その他に赤いシミができることがありませんか。

この赤いシミは肝斑(かんぱん)と呼ばれており、原因は紫外線ではありません。実は赤いシミの原因はスキンケアの問題なんです。次に詳しく紹介していきますね。

肝斑というシミを知っていますか?

赤いシミは肝斑(かんぱん)と呼ばれており、原因は行き過ぎたスキンケアです。洗顔や就寝前のマッサージを丹念に行っている人にありがちなシミで、皮膚をこすり過ぎることが原因でできるシミなんです。

皮膚をこすり過ぎると細胞が傷つくため、白血球が血管から出てきて、傷ついた細胞を除去するのですが、同時に有害な活性酸素が発生します。この時に、活性酸素を無害化するために、メラノサイトがメラニン色素を放出、これがシミの原因になるんです。

メラニン色素は紫外線を防ぐだけではなく活性酸素を無害化する働きももっています。つまり、皮膚をこすり過ぎると細胞が傷つきメラニン色素がたまった状態になるのが肝斑なんです。

こすることが原因であれば、洗顔やマッサージを工夫すれば良いわけで、次に対策法を徹底解説しますね。

Sponsored Links

肝斑シミの対策法

そもそも肝斑は女性に多いシミですが、これは女性の方がメイクやメイク落とし、マッサージなどで頻繁に肌をこするからです。また女性ホルモンには肝斑を濃くする特性をもっているためとも言われています。

なので、日焼け止めや美白クリームでは肝斑にはほとんど効果はありません。改善するには、細胞を傷つけないようにこする、皮膚を強くこすらない洗顔やマッサージを行うことが重要です。

おすすめは、泡洗顔です!

泡洗顔

泡洗顔では、泡立てネット使います。ネットを水で湿らせ、石けんをこすりつけ泡立て、少量の水を加えながら空気を入れ泡を膨らませます。ポイントはしっかりした泡をつくることで、ホイップクリーム状にします。

泡をのせた手のひらをひっくり返しても、泡が落ちないくらいまでかたくすることがポイントですよ!

泡洗顔でメイク落とし

泡立てネットでつくった泡をまんべんなく顔にのせ、手のひらで軽く泡を押すイメージで洗顔してください。直接肌をこすることは、絶対にしてはいけません!

ポイントは、目尻や小鼻の部分は薬指を使うことです。薬指を使うことで力が入りづらいため、丁度良い力加減で洗顔ができます。中指や人差し指ではなく、薬指がポイントですので試してみてください。

泥練(どろねり)洗顔新規顧客
泥練洗顔‎

また、肝斑を治すには季節の影響もあります。春から夏の季節は、紫外線の影響を受けやすくメラニンが活発に生成されているため効果が出にくいです。紫外線の影響を受けにくい秋から冬の時期に泡洗顔を行うと、細胞が再生され、シミを薄くすることができます。




シミの原因は紫外線だけでないので、洗顔やマッサージをするときに気をつけてみてください。今まで力を入れすぎていたところが、逆効果でシミの原因になっていることもありますので注意が必要ですね。

この機会にシミを解消し、透明感ある肌を取り戻しましょう!

Sponsored Links