c3f5b51578ab171cf7034d79780a6991_s

日本でインフルエンザが流行るのは12月下旬から翌年3月迄です。その年により流行の型や規模は違いますが、毎年100万人、多い時では1000万人以上がインフルエンザを発病し、子どもの間でも大流行します。

インフルエンザは風邪と症状が似ているためどちらの病気なのか迷う方が多いのではないでしょうか。

ここでは、インフルエンザと風邪の違いについてお伝えします。あわせて子どものワクチン接種の注意点や、インフルエンザ予防法も紹介しますので、この機会にチェックしておきましょう!

特に子どもがインフルエンザを発症すると危険もあるので、しっかり見極めることが重要ですよ!

Sponsored Links

インフルエンザウイルスとは?

インフルエンザはA、B、C型の3つのタイプに分けられます。流行するのは主にA型もしくはB型のウイルスです。A型のほうが重症化しやすく、大流行するという特徴をもっています。

インフルエンザウイルスA型は変化しやすく、大流行の可能性が高い鳥インフルエンザもA型です。毎年流行る型は違いますが、A型は特に感染速度も高いので注意が必要です。

インフルエンザはA、B、C型のインフルエンザウイルスで感染で起こりますが、風邪はアデノウイルス、ライノウイルス、コロナウイルスや細菌の感染が原因です。では、具体的にインフルエンザと風邪の違いを見て行きましょう。

インフルエンザと風邪の違いは?

インフルエンザと風邪は、症状が非常に似ているためどちらの病気かしっかり見分けることが重要です。病原体や感染経路、症状も違いますので確認していきましょう。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスが病原体です。感染経路は主に飛沫感染で、感染者のくしゃみや咳にウイルスを含んだ飛沫が飛び散り、それを吸い込むことにより感染します。

主な症状は、38℃以上の高熱、全身の関節痛や筋肉痛、頭痛などですが、さらに恐いのは、重症化したり死亡したりするケースがあることです。

インフルエンザ
感染源:インフルエンザウイルス
感染経路:飛沫感染
症状:38℃以上の高熱、全身の関節痛、筋肉痛、頭痛 重症化するケースあり

風邪

病原体はアデノウイルス、ライノウイルス、コロナウイルスや細菌の感染です。飛沫感染もありますが、感染者が触れたものにウイルスが付着し、それに触れた手指で、鼻や口に触れて感染する接触感染もあります。

典型的な症状は、微熱、38℃前後の熱、のどの痛み、咳、鼻汁などです。インフルエンザと違い重症化するケースが少ないのが特徴です。

風邪
感染源:アデノウイルス、ライノウイルス、コロナウイルス、細菌
感染:接触感染や飛沫感染
症状:アデノウイルス、ライノウイルス、コロナウイルス、細菌

子どもが発病した場合の注意点は?

子どもが発病した場合、注意しなければならないのはインフルエンザ脳症です。脳症とは、発熱後にけいれん、意識障害などの神経症状が進行し、重篤化することが多い病気です。

次の症状がでた場合は、すぐに医療機関を受診するよう注意してください。

言動がおかしくなってきた
・顔色が青白くなってきた
・吐いてもすっきりしていない
・会話が成り立たなくなってきた

また、インフルエンザを発病した場合は、感染を広げないことが重要です。子どもが発病した場合は、とにかく外出を避け安静にしてください。発熱、寝汗、嘔吐などにより脱水症状になりやすいので、水分や塩分をこまめに補給することを忘れないようにしましょう。

発病したら早期に治療を受け、重篤化を防ぐことがポイントです。

Sponsored Links

ワクチン接種の注意点!

インフルエンザワクチンは接種してから抗体ができるまで2週間といわれています。流行から逆算すると12月中旬までにワクチンを接種しておくのが望ましいです。効果は5ヶ月程度続きますので早めの接種がオススメですが、注意点もあります。

卵アレルギーのある子どもはワクチン接種に注意が必要です。ワクチン製造に鶏卵が使用されているため、卵アレルギーのあるお子さんは、必ず接種前に医師に確認することを忘れないようにしましょう。

ワクチンはインフルエンザの重症化を防ぐ効果が期待できますが、接種する際は医師の指導に従いましょう。

感染を防ぐために!

インフルエンザウイルスの感染を防ぐには、普段の生活習慣をちょっと見直すだけでかなり有効になります。また、感染拡大を防ぐことも重要ですのでチェックしておきましょう!

感染を防ぐ方法

・帰宅時や食事前には必ず手を洗う
・手洗い時は石鹸を使い、ていねいに洗う
・マスクをして、口と鼻を覆う
・人混みには近づかない
・部屋の湿度と換気を心がける
・規則正しい生活、バランスのとれた食事、十分な睡眠

感染拡大を防ぐ

・咳やくしゃみが出るときはマスクを着用する
・症状が出たら外出しない
・マスクやティッシュはフタ付きのゴミ箱に捨てる




毎年冬に流行するインフルエンザ。特に子どもは重篤化しやすいので、普段からの生活習慣に注意したり、規則正い生活を心がけることがポイントです。

しっかり対策をして、インフルエンザに感染しないよう注意しましょう!

Sponsored Links