9b2cbade84425e5080b6d59a641265de_s

高校サッカーは「サッカーの甲子園」「冬の国立」と呼ばれ全国のサッカー球児のあこがれの舞台です。

しかし最近はJリーグのユースチームの台頭で、高校サッカーは下火になっているとも言われています。実際に高校サッカーとJリーグのユースチームの実力の差はどうなのでしょうか?

今回は、高校サッカーとJリーグユースチームはどちらが強いのか、高校サッカーの歴史もふまえ検証してみました。

Sponsored Links

高校サッカーとは?

毎年12月下旬から1月上旬にかけて行われ、開幕戦と準決勝、決勝は国立競技場で開催されるため「冬の国立」とも呼ばれています。

元々は関西で試合が行われていたのですが、第55回大会(1976年度)より「関西でスタンドを満員にするのは難しい」などの理由から関東(予選は千葉、埼玉、東京、準決勝から国立競技場)で開催されています。

1918年に第一回大会が開催され、歴史のある大会なんです。高校サッカーで有名な高校は、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

・国見(長崎)
・市立船橋(千葉)
・帝京(東京)など

強豪校出身のJリーガーも数多くいます。2010年のワーフドカップの日本代表は、ほとんどが高校サッカー出身者です。ただ特に最近は、高校サッカーは盛り上がりに欠けてきています。

開催時期や歴史も違うため単純に比較はできないですが、甲子園よりスター選手が出にくい、視聴率、認知度も高くないのが現状です。その理由の1つにJリーグユースチームの台頭があげられます。

Jリーグユースチームとは?

Jリーグユースチームとは、Jリーグの各チームが運営するアカデミーで、高校生が所属するチームのことです。サッカーのエリートが所属しており、

小学生はジュニア
中学生はジュニアユース
高校生はユースチーム

の3つで構成されており、上のチームに入るには昇格しなければならず、競争は激しく、狭き門を突破しなければなりません。

U-16日本代表(16歳以下の日本代表)22名中21名がユースチーム出身ということからも実力の程がうかがい知れます。最近はユースチーム出身者が日本代表に選ばれてきています。

2014年のW杯の主力選手もユースチーム出身が増えています。

Sponsored Links

高校サッカー強豪国とユースチームはどちらが強い?

過去に高校サッカーの強豪校とJリーグユースがガチンコで戦ったことがありますが、結果はユースチームの圧勝でした。

高校サッカーの中でもトップレベル強豪校がJリーグユースチームと試合をしました。

星稜高校(石川) VS 鹿島ユース
大津高校(熊本) VS 神戸ユース

どちらもユースチームの圧勝。

こういった事情や最近の日本代表選手にユースチーム出身が多いことから、ユースチームの方が実力が上と見る人が多いです。

…が、そんなに単純ではないのが面白いところで、ACミランの本田圭佑はガンバ大阪のジュニアユースからユースチームに昇格できず、石川県の星稜高校へ進んでいます。

またユースチーム出身者はプロに入ってから伸び悩むことが多く、プロになってから課題を抱えている選手がいるのも現実です。

エリートで育ってきたのが、かえって邪魔しているのかもしれません。本田圭佑みたいに、ユース昇格が果たせなくてもイタリアの名門チームでプレーする選手もいます。

本田圭佑のスゴさは、精神力です。ユースに昇格できなかったからこそ、今があるとも言えますね。





高校サッカーとJリーグユースとチームの実力は単純には比較できません。1試合勝負だけで判断することもできませんし、その時々のコンディションもあります。

結論としては、高校サッカーとJリーグユースチームのチームとしての実力は計れませんが、個々人の力はユースチームに軍配ありといえます。

個人の実力をみれば、Jリーグユースの選手の方が巧いです。選ばれた者だけがチームに加入できるのがユースチームですから、それはそうかもしれません。

しかし、サッカーはチームプレーですし、選手のケガや運なども大きく影響します。優秀な人が集まるだけでは勝てないのがスポーツで、チームのバランスが非常に大事です。

チームとして見たときにはどちらに実力があるとはカンタンに比較できないというのが結論です。ただ、Jリーグユースチームがあることで、日本サッカー全体のレベルアップしていることは間違いないでしょう。

Sponsored Links