6d61a29e1356293284d2fef24d6f5c97_s

日本で最も標高が高い富士山の山頂付近の平均気温は6℃で、東京の冬の気温とほとんど変わらないって知っていましたか。さらに、ここに雨や風が加わると体感温度はググっと下がりますので、富士登山において装備や服装は最重要ポイントなんです。

初めて富士登山に挑戦する方は…
・必要な装備は何なのか
・どんな服装で登ればいいのか

疑問がいっぱいですよね。

ここでは、初めて富士山に登る方向けに、最低限必要な装備やウエアを徹底紹介。標高毎に目安となる服装や、山小屋で快適に過ごすためのウエアもあわせてお伝えしますので、早速チェックしていきましょう!

Sponsored Links

富士山の気温は?

富士登山のベストシーズンは夏ですが、標高3,000mもある富士山では気温の差も激しいんです。

夏なので登り始めは暑くて汗ばむこともありますが、100m登ると気温は0.6℃下がるため富士山頂の気温は6℃前後になります。単純に計算すると山頂とふもとの気温差は16℃もあるので服装選びが大変です。

参考に富士山頂の平均気温をご覧ください。

富士山の平均気温

7月上旬
最低2.6℃ 平均4.7℃ 最高7.0℃
7月中旬
最低2.3℃ 平均4.6℃ 最高6.9℃
7月下旬
最低2.9℃ 平均4.9℃ 最高7.4℃

8月上旬
最低4.0℃ 平均6.5℃ 最高9.4℃
8月中旬
最低5.1℃ 平均7.8℃ 最高11.9℃
8月下旬
最低2.2℃ 平均5.2℃ 最高7.7℃

富士山を登りきるには服装対策がポイント。夏登山に対応するウエアから、頂上付近の寒さに対応する防寒具、さらに雨対策のレインウエアも必須です。

早速、気温差に対応するウエアや、長時間歩行をサポートする装備やアイテムを紹介しますので参考にしてください。初心者の方は必見ですよ。

8つの基本ウエア&装備!

富士山は日本一の標高を誇るだけに、最短ルートであっても6時間近くかかり、歩く距離も長いです。疲労軽減や、暑さ寒さ対策など富士登山を快適にする最低限必要なウエアと装備8つを紹介していきますのでチェックしていきましょう。

・シャツ・Tシャツ
・アンダーウエア
・ミドルレイヤー
・防寒ウエア
・ボトムス
・レインウエア
・タイツ
・トレッキングブーツ

シャツ・Tシャツ


チャムス CHUMS Logo T-Shirt

シャツ・Tシャツを選ぶポイントはズバリ吸汗速乾機能です。登山中は大量に汗をかくので、汗を吸ってスグに乾く機能があるかどうかはポイントです。さらにUVカット機能もプラスされれば、さらにグッドです。

アンダーウエア


モンベル ラウンドネックシャツ

アンダーウエアは体に直接触れるため、吸汗速乾性が高くて体の動きを妨げないストレッチ素材がおすすめです。シャツ・Tシャツとも重ね着できますよ。

ミドルレイヤー


パタゴニア(Patagonia)ライトウェイトシンチラスナップT

薄手のフリースなど体温維持するために必要なミドルレイヤー。肌寒さを感じたら、パパっと羽織れるものを1枚は準備しておきましょう。

防寒ウエア


パタゴニア ナノパフフーディー

山頂付近や夜間の体温維持に役立つフリースやダウンを用意しておきましょう。登り始めは利用することがないため、コンパクトに収納できるものがおすすめです。

ボトムス


THE NORTH FACEバーブライト パンツ

体温維持と防風の役割を担うのがボトムスです。体に負担をかけないストレッチ素材のものや、重ね着しやすいショート丈のものがおすすめです。

レインウエア


patagonia シェルジャケット マウンテンパーカー

山の天候は変わりやすいので、雨対策が必要です。急な雨に対応するためにもレインウエアは用意しておきましょう。コンパクトにたためて、防水透湿性素材のウエアがおすすめですよ。

タイツ


モンベル サポーテック タイツ

タイツは寒さ対策というより疲れ対策に必要なものです。疲労軽減や膝への衝撃を防ぎ、長時間歩きには欠かせないものです。ちょっと高機能なタイツを履くと、足の疲れ具合は相当違いますよ。

トレッキングブーツ


KEEN キーン トレッキングブーツ

登山用シューズは富士登山に欠かせません。トレッキングブーツがあるとないのでは、登山や下山時間にも影響しますのでぜひ装備してください。特に下山時は大量の砂利が靴に入ってくるので、くるぶしまでカバーしているものがおすすめです。

Sponsored Links

標高毎の服装は?

登り始めの5合目付近は標高が2,000m程度なので、薄手のウエアの重ね着で十分です。登山中はこまめに脱ぎ着をしながら、快適な状態をキープしましょう。紫外線も強いので帽子やサングラスがあるとベターです。

8合目あたりまでくると一気に肌寒くなります。ご来光を眺めるために、山小屋に宿泊して夜中に出発する人は、防寒対策を念入りに行いましょう。フリースやダウンで冷たい風や外気から体を守りましょう。

それでも寒ければ、レインウエアを羽織りましょう。急な天候にも対応できるので、あせらなくて済みますよ。

そして、いよいよ山頂までくると気温は東京の冬並みになります。夏でも6℃前後なので、持参したウエアやタイツも重ね着して防寒対策を万全にしましょう。プラス、グローブやネックウォーマーがあれば隙間からの風も防いでくれます。

頂上についても、これから下山がまっていますので、体力を温存するためにもまずは防寒対策ですよ。

山小屋で快適に過ごすウエア!

富士登山に欠かせない山小屋宿泊ですが、どうせなら快適に過ごしたいですよね。山小屋で過ごすためのウエアも、装備に余裕があれば持っていくのがおすすめです。

山小屋で快適に過ごすために、ウエアは体を締めつけないリラックスウエアが便利です。登山中の汗を吸ったウエアよりリラックスでき快適ですよ。

山小屋では、汗をかいたシャツやアンダーウエアは取り替えて、着圧効果の高いタイツも脱ぎましょうね。とにかく体をしっかり休ませ、頂上までの体力を回復させるためにも、山小屋でしっかりリラックスですよ。

参考:【富士山の山小屋ガイド】予約と快適に過ごす方法をチェック!





富士登山で登頂率を上げるには、服装対策がポイントです。今回紹介したウエアや装備をしっかり準備しておけば、安心して登山できるのでぜひ参考にしてくださいね。

そのほかに、雨や小石、土がシューズに入るのを防ぐゲイターや、長時間歩行をラクにしてくれるトレッキングポールを使えば、さらに富士登山が快適になります。

行程やスタイルにあわせて装備や服装を上手く取り入れ、富士登山をより楽しんできてくださいね!

Sponsored Links