c2f8e8b08c60e612c9c175dd0b6d7f8f_s

底冷えする寒さとよく言いますが、室温を3℃以上カンタンにあげる方法があります。そんなに手間もかからず、ちょっとした対策するだけで室温は確実に上がります。

今回は、カンタンに室温を3℃上げる3つの対策を紹介します。電気代、暖房費も下がるので省エネになりますのでおすすめですよ!

Sponsored Links

底冷えとは?

「身体のしんまで冷えること」を底冷えといいます。別の言い方では、「床(ゆか)冷え」ともいい、足もとから冷えることを指します。冷たい空気は、温かい空気より比重があるため、下にたまります。だから部屋の中では、床の近く、足もとが特に冷えます。

京都はよく底冷えする街といわれますが、これも冷たい空気が下にたまっているからです。山に囲まれた盆地という地形から、冷気の逃げ場がないため底冷えするのです。

特にマンションの角部屋やフローリングの部屋に住んでいると底冷えします。エアコンつけたり、電気ストーブをつけても部屋が中々暖まらない。こんな時は、ちょっとした工夫をするだけで室温が3℃上がる方法がありますので、紹介しますね。

Sponsored Links

コルクマットを敷き詰める

コルクマットを床に敷き詰めてください。これで室温は、1℃以上あがりますよ。体感気温も全く違います。

値段が少々高いのがネックなのですが、マンションなどの防音対策にもなるのでおすすめです。

アルミ断熱シートをはさむ

床とカーペットの間にアルミ断熱シートをはさみます。ラグやこたつを敷いていれば、そこにも断熱シートをはさんでください。

アルミ断熱シートは値段も安く、100円ショップなどでも売っていますが、少し厚みのあるものがおすすめ。それでも1000円もせず寒さ対策ができますので経済的ですよ。

初めてアルミ断熱シートを敷いた時、何で早く気づかなかったんだとその効果に驚きました。手軽で安く底冷え対策できるので絶対おすすめです!

体感が6℃以上違うといわれていますが、そこまでは無いと思います。

そのほか新聞紙を使ってできる底冷え対策もあります。畳部屋がある方は、ぜひ新聞紙を使ってください。畳を一旦外して、新聞紙を重なるように敷き詰めます。4角に隙間ができますので、そこにも詰めます。

意外と畳の隙間から、冷気が入り込んでますので新聞紙で対策しましょう! 新聞紙は断熱効果が高いので、手軽にできる対策なのでおすすめです!

カーテンを2重にする

室温が上がらない1番の原因は窓からの冷気です。部屋の中でも窓際は特に寒いですよね。

そういう場合は、カーテンで寒さ対策をします。カーテンを2重に取り付け、床までの長さがあるモノにし、なるべく厚手のカーテンにします。これだけで窓際からの冷気は遮断されますので、隙間対策をしっかりやりましょう!

窓ガラス専用の断熱シートも売っていますので、こちらも対策になるでしょう。

そうはいっても、やはり底冷え対策は、足もとから、床から対策するの効果的ですね。ヒートテックの靴下や、室内スリッパをはくだけでも全然違いますよ。

今回紹介したものは、安価でカンタンにできます。ちょっとした対策だけで効果抜群の方法なので、この冬はぜひ試してみてください。

Sponsored Links