carpet

カーペットにワインやコーヒー、醤油などをこぼした時に、簡単に手間なく、拭き取る方法があります。あわてて雑巾やおしぼり、布巾で拭くと、かえって広がりますので、絶対にやってはいけません!

専用洗剤でこするのも良いのですが、家の中にあるとは限らないですよね。カーペットのシミをとる方法は、ほとんどの家に置いてあるモノで簡単にとれるんです。今回は、簡単に手間なくカーペットのシミをとる方法をお伝えします!

Sponsored Links

準備するもの

1.水
シャスタ産 クリスタルガイザー 500ml×48本 [並行輸入品]

2.ぞうきん(乾いたもの)
激落ちぞうきん 2枚入 S-340

3.掃除機
Dyson Digital Slim DC34 モーターヘッド DC34MH

3つを準備するだけでOKです。

水は水道水で十分ですし、ぞうきんも特に何でもOKです。掃除機もダイソンなどの超強力なモノじゃなくても大丈夫ですよ! 一応オススメはしましたが、一般の家に置いてある普通のモノで十分です。

実際にやってみましょう!

1.水をシミ全体に薄ーくかけます
 ※「ちょっとかけ」して、水でシミが広がるイメージ
2.その上に乾いた「ぞうきん」をのせます
3.「ぞうきん」の上から掃除機をかけます
4.約30秒間〜1分、掃除機を「ぞうきん」の上で動かします

そうすると、どうでしょう!! カーペットについたシミが「ぞうきん」に吸い付き、キレイになりました!

Sponsored Links

ポイントをかける際に、シミが広がるよう全体に薄くかけることです。

あせって「ヌレぞうきん」や「ティッシュ」で拭くとカーペットの奥へ奥へと押し込まれてしまいます。また、強力な洗剤を使うと、子供がいるお家ではちょっと心配ですよね。

今回紹介した方法であれば、使うのは掃除機、ぞうきん、水だけです。掃除機の力でシミを吸い上げることで、シミを「ぞうきん」に移してしまいます。

そうすると、じゅうたんの奥の奥までキレイになります。

子供のいるお家では、よくありますよね。カーペットにモノをこぼすのは日常茶飯事です。シミのついたカーペットはイメージがちょっと悪いので、簡単な方法でシミはとってしまいましょう!

お手軽にできますので、ぜひ試してみてください!

Sponsored Links