7d45976b75c520f2f8dbd5a188bd7745_s

建国記念の日は、1966年に設定されました。正式には「建国記念日」ではなく「建国記念日」なんです。

○ 建国記念の日
× 建国記念日

ここでは「建国記念の日」の意味と由来を子供にも分かりやすく説明できるよう解説します!

Sponsored Links

建国記念の日の意味と由来は?

建国記念の日は…
建国をしのび、国を愛する心を養う日

元々は、初代天皇の神武天皇が即位した日を「日本を建国した日」として、1872年に祝日として制定されました。神武天皇が即位した日の1月29日を祝日としました。

翌1873年に、即位した日を「紀元節」と命名し、あらためて、太陽暦の2月11日を祝日としたのが、元々の始まりです。戦後占領軍によって、この祝日は一旦は廃止されましたが、1966年に「建国記念の日」として正式に祝日となりました。

なぜ建国記念日ではなく、建国記念の日なのか?

紀元節 は1948年に占領軍によって、廃止されたのですが、1951年頃から「紀元節」を復活させようという動きが活発になります。

1957年に、「建国記念日」制定に関する法案が提出されたのですが、当時の野党が反対し成立には至りません。その後、国会では9回も法案提出、廃案を繰り返し、もめにもめて、1966年に「建国記念の日」として成立します。

「の」を入れることによって「日本が建国された日」ではなく、「日本が建国されたという事実を記念する日」と解釈することで、ようやく成立したのです。

正直、よーく読んでも意味が分からなかったのですが、当時の有識者の見解から、「の」を入れることで、やっと成立した祝日なんです。紆余曲折を経て2月11日の「建国記念の日」となったんですね。

ちなみに、「建国記念の日」はハッピーマンデーの対象外となっています。

Sponsored Links

ハッピーマンデーとは?

週休2日が公務員やサラリーマンに広がったことにより、月曜日に祝日を移動すれば、3連休となることから、余暇を充実させようとハッピーマンデーが成立しました。

2000年〜2003年にかけて、従来の祝祭日を月曜日に移動しました。

移動した祝祭日

・成人の日(1月15日から第二月曜日へ)
・海の日(7月20日から第三月曜日へ)
・敬老の日(9月15日から第三月曜日へ)
・体育の日(10月10日から第二月曜日へ)

ハッピーマンデーには賛否両論があり、従来の「日を祝う」祝日という意味が薄くなってきています。だから、祝日の全てがハッピーマンデーの適用になっている訳ではありません。

移動しない祝日

・元旦
・建国記念の日
・憲法記念日
・天皇誕生日
・春分の日
・春分の日

これらの祝日は移動していません。確かに、何でもかんでも移動したら、何の祝日だっけ?と意味も考えなくなりますし、元旦や建国記念日まで移動したら、違和感がありますよね。

祝祭日の意味や由来を調べると、多くの発見があります。祝日ひとつとっても歴史があるんですね。「建国記念の日」にあらためて、日本の歴史を振り返るのも良いですね。

Sponsored Links