95e672c900529744b7df088d006b3fec_s

「今日は曇っているから大丈夫」「今日は晴れだから日に焼けそう」と思っている人も多いですが、これはどちらも間違いです。肌に悪影響を及ぼす紫外線について、正しく知っている人は少ないです。

紫外線のことについて、間違った知識をもっていると、うっかり日焼けも多くなり、シミやシワそ増やしてしまうことにもなりかねません。

紫外線対策は、まずは紫外線のことを正しく知ることから始めましょう。紫外線が肌にどのような影響を及ぼすのか、そのメカニズムを知って、有効な紫外線対策を考えましょう。

Sponsored Links

紫外線の肌への影響は?

紫外線の肌への影響はとても大きく、様々な病気の原因ともなります。何となく紫外線は肌の敵とわかっていても、うっかり日焼けや、UVケアが毎日できていない人も多いです。これは、まだまだ紫外線の怖さを知らないからでしょう。

紫外線の一番怖いところは、肌の老化を確実に早めることです。紫外線をあびた肌は、肌を守ろうとメラニン色素を作り出し、シミの原因になります。そのほかにも、肌の弾力を保っているコラーゲンを傷つけ、それがシワやたるみの原因ともなります。

紫外線対策をしているか、していないかで5年後の肌は大きく変わってくるので、しっかり対策することが必要です。

ちなみに、紫外線にはUV-AとUV-B、さらにUV-Cがあるのをご存知ですか。それぞれの違いをみていきましょう。

よく耳にするUV-AとUV-Bって何?

紫外線は、UV-A、UV-B、UV-Cにわかれますが、地上に届くのはAもしくはBのみです。Cはほとんど届きませんので、AとBを詳しくみていきましょう。

UV-Aとは?

波長が長いUV-Aは、肌の奥の奥まで入り込んでDNAまでも破壊することがあります。エネルギーは弱いですが、ジワジワと肌に浸透し、コラーゲンの老化を引き起こします。

UV-Aがやっかいなのは、雲を通過しやすいので、曇りの日でもUV-Aの照射量は、ほとんど減ることはありません。

UV-Bとは?

エネルギーが強いUV-Bは、肌の表面に作用して日焼けを引き起こし、やけどのように火照ったり、痛みもでてきます。

UV-Bもコラーゲンの老化を引き起こしますが、雲やガラス窓にある程度さえぎられる特徴を持っています。

UV-A、UV-Bともに肌の老化、ガン化に関わることがわかっています。肌老化により、シミやシワが生じ肌の質感は変化しますし、くすんだ皮膚になってしまうんです。

これら紫外線がやっかいなのは、暑さやまぶしさがなく、目に見えないものなので、どのくらい肌にあびているのか実感できないことです。なので、うっかり日焼けが多く、ダメージを日々蓄積していき、数年たって肌老化として現れてきます。それでは、うっかり日焼けをみていきましょう!

うっかり日焼けこそ注意!

紫外線対策をしなくても大丈夫だろうという思い込みにより、うっかり日焼けしてしまいます。うっかり日焼けの理由をさぐっていきましょう。

◆うっかり日焼けの理由
・部屋の中にいた
・洋服を着ていた
・曇っていた
・涼しかった
・日陰にいた

これこそが紫外線の落とし穴ですので、うっかり日焼けしないよう注意ですよ。それぞれの詳細をみていきましょう。

部屋の中にいた

部屋の中にいれば紫外線は入ってこないので安心と思っている人もいますが、それは間違いです。UV-Aは、ガラス窓を通過しますので、電車や車に乗っていても、紫外線をあびている状態なんです。

曇っていた

たとえ曇っていても、紫外線は雲を通過し肌にダメージを与えます。外にいる時間短いとしても、紫外線対策は必須ですので注意しましょう。

Sponsored Links

涼しかった

涼しいからといって紫外線がないということはありません。まだ涼しい春先から紫外線は急激に増えていきます。涼しいからといって紫外線対策をしないと、肌老化は進みますので注意ですよ。また、山の上も涼しいですが、標高が高い分紫外線量は多くなるので、しっかりと対策が必要です。

日陰にいた

紫外線は、まっすぐ地表まで届くものと、空中で広がってから地表に届くものがあります。そのため、日陰にいても、紫外線はあびていることになります。地表から跳ね返った紫外線もあるので、しっかり対策しましょうね。




シミやシワ、たるみをまねく紫外線、この機会に紫外線を正しく知って、少しでも浴びない生活を心がけましょう!

紫外線対策をするかしないかで、数年後の肌の状態は大分違ってきますので、日々の対策を怠らないようにしましょうね。特にうっかり日焼けには注意ですよ。

Sponsored Links