3fc769f8bdca042152f12f8d0e441616_s

キレイな肌は洗顔でつくられるといっても過言ではありません。洗顔はスキンケアの第一歩で、将来の老化を左右するほど重要なんです。

女性に比べると男性は、スキンケアに気を配る人が少ないですが、男性の肌にこそスキンケアは必要です。その基本である洗顔を、この機会に知っておきましょう。

ここでは、正しい洗顔方法、手順を完全マスターしていただきます。絶対にやってはいけないポイントも徹底解説しますので、ぜひ参考にしてください。すっきり清潔感あふれるスベ肌を手に入れましょう! それでは早速、みていきますね。

男性こそ正しい洗顔方法を学びましょう!

スキンケアに気をつかっていない男性は多くいます。「洗えばいいや」という考えで、体を洗う石鹸でそのまま顔まで洗ってしまう人もいますが、これは大きな間違いです。ボディー用は洗浄力が強いため、顔の必要な潤いまで奪ってしまうので、絶対に使わないでください。

では、男性こそ正しい洗顔方法が必要な理由をみていきましょう。

理由1 ヒゲ剃りで顔中傷だらけ

毎日のヒゲ剃りで、顔の肌は思っているより傷がついています。肌表面の角質を削りとっているため、肌は非常に荒れやすい状態にしているんです。なので、正しいヒゲ剃りで肌を守ることが必要ですよ。

理由2 男性の肌はオイリー

男性の肌は女性に比べると、皮脂の分泌量が多いため、アブラっぽくなりやすいです。毎日、朝と晩2回の洗顔でアブラを取り除きましょう。

洗顔は毎日、朝晩の2回行うのが基本です。朝の洗顔は、睡眠中に肌から分泌された皮脂を取り除くために。夜は、肌についた汚れやホコリ、皮脂を取り除きます。朝晩2回は鉄則ですよ。

理由3 水分不足の肌

男性の肌は、女性より水分量が少ないため、乾燥しがちです。乾燥は肌の老化を進め、肌荒れを招く原因となります。なので、正しい洗顔方法を知り、しっかりケアしていくことが大切なんです。

理由4 ダメージが大きい紫外線

男性は化粧をしないこともあり、直接紫外線をあびています。また、日焼け止めを塗らない男性もいるので、そうなると常に紫外線にさらされていることに。乾燥やシミの原因ともなる紫外線は、百害あって一利なしですよ。

参考:【シミができる3つの原因】紫外線だけではない本当に注意すべきこと!

理由を知ったところで、正しい洗顔方法を学んでいきましょう。

洗顔の手順を完全マスター!

洗顔はスキンケアの基本ですので、ここで手順を完全マスターしましょう! ちょっとしたポイントをおさえておけば、効率よく汚れを落とすことができますよ。

◆洗顔の5ステップ
洗顔前に手洗いする
洗顔料を泡立てる
Tゾーンを洗う
Uゾーンを洗う
きちんとすすぐ

それぞれの詳細をみていきましょう。

洗顔前に手洗いする

顔に直接ふれる手が汚れていては、洗顔の効果も半減してしまいます。まずは手をキレイに洗うことからスタートです。

さらに、洗う前の予洗いもやりましょう。37℃くらいのぬるま湯で顔全体を5〜10回洗い流し、ホコリや汚れを取り、毛穴を開かせます。この予洗いをすると、洗顔は楽になるし、かつ効率的に汚れを落とすことができますよ。

洗顔料を泡立てる

洗顔で意外と知らないのが泡の立て方です。ポイントはこんもり、しっかり、きめ細かくです。

◆泡の立て方
適量の洗顔料を手のひらにだす
お湯を足して指先を泡立て器のように回す
少しずつお湯を足し、空気を含ませるようさらに回す
手を逆さにしても落ちないほどまで回す
手の上にできた泡をひとつに集める

便利なアイテムで、泡立てネットがあります。泡立てネットを使えば、よりカンタンにふわふわした泡をつくることができます。一度使うと手放せなくなるほど便利ですよ。

ちなみに洗顔料は何を使っていますか? 私はちょっとこだわっていて天然素材のもので、保湿成分つまりうるおい成分を気にしています。どろあわわという洗顔料を使っているのですが、これ男性にもおすすめです。

ドラッグストア等で市販されているものと洗いあがりが全然違います。ちょうど半額キャンペーンもやっているので、ぜひ参考にしてください。

どろあわわ

Tゾーンを洗う

Tゾーンは、おでこから鼻にかけて皮脂の分泌量が多い場所です。まずはTゾーンから泡をつけていきます。

生え際のあたりからスタートしますが、額の中心から外へ向かって洗います。その際、泡で顔をなでるよう指の腹を使って洗いましょう。間違っても、ゴシゴシ強くこすらないように注意です。

次に鼻筋や小鼻の周囲に泡をつけます。小鼻も皮脂のたまりやすい場所なので、指の腹をくるくる回して、黒ずみを根こそぎ取りましょう。

手のひら全体ではなく、必ず指の腹を使って洗うことです。人差し指、中指、薬指の3本だけで洗うと、余計な力も入らなくて済みます。ゴシゴシといより、汚れを浮かすイメージで洗いましょう。

Uゾーンを洗う

Uゾーンは頬やアゴの乾燥しやすい場所です。Tゾーンに比べると、皮脂も少ないので、こすり過ぎや洗い過ぎに注意しましょう。

頬骨や目の下は特に乾燥しやすいため、すばやく洗って短時間で済ませるよう意識しましょう。また、あごや口もとはヒゲ剃りで刺激を受けている場所なので、ゴシゴシ洗いはやめましょう。Uゾーンも手の腹をつかって優しく洗いましょうね。

皮脂が少なく乾燥しやすいUゾーンは、汚れをしっかり落とすというより、表面をサッと取り除くくらいのイメージで。皮脂をとり過ぎると、バリバリ乾燥してしまうので気をつけましょう。

きちんとすすぐ

洗顔したあとはすすぎをしますが、気をつけるべきポイントは水温です。冷え水で肌を引き締めるというのは、逆にストレスがたまってしまうのでやめましょう。40℃は高すぎるので、37℃前後のぬるま湯ですすぎましょう。

また、洗面器などに溜めた水は使用しないようにしましょう。流水ですすぐか、シャワーをつかってすすぐこともポイントです。シャワーの水圧はよくないと言われますが、強すぎなければ問題ないですよ。





正しい洗顔方法をマスターすれば、健康的なスベ肌を手に入れることができますよ。洗顔はスキンケアの基本ですから、ぜひ試してみてください。

しっかり洗顔したら、清潔なタオルで拭くことも忘れないようにしましょう。顔を優しく洗っても、タオルでゴシゴシこすってしまうと台無しです。吸水性の高いタオルであれば、顔に軽く当てるだけでも水を十分吸い取ってくれますよ。

間違っても前日に使ったタオルや、生乾きのタオルは雑菌がいっぱいなので、絶対に使わないよう注意です。

洗顔の5ステップは…

1.洗顔前に手洗いする
2.洗顔料を泡立てる
3.Tゾーンを洗う
4.Uゾーンを洗う
5.きちんとすすぐ

そして、清潔なタオルで水分を吸い取る。

スグに実践できることですので、正しい洗顔をマスターしてスキンケアをはじめましょう!

Sponsored Links