b7f09840c9781bc825a4a4008cbbc378_s

髪の紫外線対策はヘアケアの基本中の基本です! これは他の記事でも何度も言っていますが、その通りなんです。

紫外線は何も肌だけに影響するのではなく、髪にも影響が大きいんです。意外と知られていませんが、髪の紫外線対策をおこたると、髪の毛はゴワゴワ、ボサボサ、さらに症状がひどくなると抜け毛の原因にもなってしまいます。

海水浴やプールに出掛けたら肌の紫外線対策は準備万端ですよね。だけど髪の対策はやっていないという人がほとんどです。これがどれだけヤバイことなのか。

ここでは、髪のためにできる紫外線対策を紹介していきます。そのほか、すでに紫外線を浴びてしまった髪への対処法もみていきます。紫外線は、髪にとっては有害なことしかありませんので、しっかり対策していきましょうね。

まずは、紫外線がもたらす髪への影響度について見ていきましょう!

Sponsored Links

紫外線の髪への影響はこんなにある!

紫外線は、肌にとって非常に有害なので、日焼け止めをぬることはあると思います。しかし、髪の毛にいたってはどうでしょうか。髪の紫外線対策はしないという人が多いです。

実は、紫外線は髪にとっても有害なんです。紫外線は髪の毛に大きなダメージを与える大敵ですので、まずは意識することからはじめましょう。

◆紫外線の髪への影響
・髪や頭皮が日にやけると乾燥する
・キューティクル(髪の表面)を破壊する
・髪のメラニン色素を壊す
・髪の毛のパサつきやゴワつきの原因となる

髪や頭皮も同じく、乾燥は大敵です。何も対策をしていないと、紫外線が直接あたり乾燥しまくりです。そして、紫外線はキューティクルやメラニン色素まで破壊する力をもっています。

これがどれだけ恐ろしいことか。夏場など海水浴やプールに出掛けて、髪がパサついたりゴワゴワしているのは何も塩水やプールの塩素だけが原因ではありません。紫外線が及ぼす影響があるということを覚えておきましょう。

対策もせずそのまま放っておくと、髪の毛は不健康な状態になり、バサバサ、ボサボサになってしまいます。紫外線は髪にとって、いいことが1つもないので、しっかり対策することが大切ですよ。

髪のためにできる紫外線対策!

髪のためにできる紫外線対策として2つ紹介します。こんなこと? と思われるかもしれませんが、意外とやっていません。カンタンな取り組みから始めることが重要ですよ。

◆紫外線対策
1.帽子をかぶる
2.UVカットを頭皮に塗る

帽子をかぶる

帽子をかぶって紫外線をシャットアウトしましょう。とにかく直射日光をあびないことが大切です。ただし、帽子をかぶると頭皮が蒸れてしまうので、通気性のよいものを選ぶことがポイントです。

UVカットを頭皮に塗る

特に髪の分け目は、頭皮がむきだしになっているため、直接紫外線をあびることに。分け目だけにもUVカットのクリームを塗ると、だいぶダメージを軽減できるので、外出するときは、肌だけではなく、頭皮にもしっかり塗りましょう!

紫外線をあびてもいいことはありませんので、髪のためにしっかり対策しましょう。では、すでに紫外線をあびてしまった場合、どうすればいいのか。その対処法をみていきましょう。

Sponsored Links

紫外線をすでに浴びてしまった対処法!

海水浴やプールでは、思いっきり髪の毛に紫外線をあびています。にもかかわらず髪の紫外線対策している人は、ほとんどいないです。水の中で帽子をかぶることもしないので、長時間にわたって、もろに紫外線をあび続けている状態です。これが、髪にとってどれだけ危険なことかっ!

特にマズイのが、海水浴です。海の塩分は、それだけでも髪にとって大きなダメージを与えます。紫外線にプラス塩分という組み合わせは、まさに髪にとってはダブルパンチ! 抜け毛の原因にもなります。

また、室内プールだからといっても安心できません。紫外線はあびないといっても、プールに含まれる塩素剤、これが髪を傷つける要因となります。なので、海水浴やプールで、紫外線をあびた後こそ正しいケアが必要です。

紫外線をあびたら必ずトリートメント!

紫外線をだいぶあびてしまったら、トリートメントで対処するのが効果的です。髪のケアするものは、リンス、コンディショナー、トリートメントなどがありますが、トリートメントなので間違わないようにしてください。

「海水浴の後は、クタクタに疲れてしまい髪のケアなんて面倒だよ」そんな気持ちもわかりますが、しっかりケアすることは大切です。将来、薄毛やハゲにもなる原因となるので、トリートメントでケアすることを忘れないようにしましょう!

トリートメントの効果をアップさせる4ステップ

◆ステップ1 シャンプーでしっかり洗髪
海の塩分や、プールの塩素剤を、シャンプーを使って、しっかり洗い流しましょう。

◆ステップ2 シャンプー後に髪をよく拭く
シャンプーで汚れを洗い流したら、そのままトリートメントをつけるのではなく、いったん髪をよく拭きましょう。髪や頭皮の水分をきちんと拭き取ることで、トリートメント成分がよく浸透し、効果が高くなるので、このステップは省略しないことがポイントです。

◆ステップ3 トリートメントをもみ込む
水分を拭きとった後に、トリートメントを髪になじませていきます。指先を使ってトリートメントをもみ込むように動かします。この時、頭皮を傷つけないように注意してくださいね。

◆ステップ4 蒸しタオルを使用
トリートメントをなじませたら、蒸したタオルで髪を包み込みましょう。こうすることで効果がアップし、髪の毛にトリートメント成分が浸透しやすくなります。

最近では、市販されているトリートメントでも紫外線吸収成分が配合されているものがあるのでおすすめです。あびてしまった紫外線をしっかり洗い流してくれますので、試してみてください。


アリミノ ケアトリコ アフタートリートメント




髪の毛のためにも紫外線対策はしっかりおこないましょう!

対策としては…
帽子をかぶる
UVカットを頭皮に塗る

すでにあびてしまった紫外線の対処法は…
トリートメントでケア

紫外線は髪にとっていいことは全くありませんので、しっかりと対策、ケアをおこなっていきましょうね。

Sponsored Links