5fb5515e78953c09abb8bc263279f579_s

シャンプーした後に、ドライヤーをかけずに、濡れたままでいる人も多いですが、実は危険がいっぱいなんです。髪を濡れたままで長時間放置しておくと、頭皮や髪に雑菌がたまりやすくなり、臭いの原因にもなります。

さらに、濡れたままだと、髪のキューティクル(髪の表面)が開いている状態となるため、髪の毛はとても傷つきやすくなります。濡れたままで寝ると、キューティクルがはがれおちるんですよ。髪が最も傷むのは、濡れている時なので絶対注意です。

なので、ドライヤーを正しく使って、髪の乾かし方をマスターすることが大切です。正しい乾かし方を知れば、髪は傷みにくくなります。ここでは、洗髪後に髪を素早く乾かすために、ドライヤーの正しい使い方、髪の乾かし方をお伝えしていきます。それでは、早速みていきましょう。

ドライヤーを使う前の準備!

洗髪したら、まずはしっかりタオルで髪の水分を吸い取ることが大切です。

乾いたタオルでやさしく押し当てるように水分を取り除くことがポイントです。ゴシゴシとこすると、開いたキューティクルが傷ついてしまい、髪がダメージを受ける原因になります。

髪の水分を半分ぐらい乾燥させるイメージでやると丁度いいですよ。濡れた髪は、髪が最も傷つきやすい状態になっていますので、間違っても力強くゴシゴシとタオルでこするのはやめましょう。

ドライヤーを正しく使う!

髪が半分ぐらい乾いたら、ドライヤーの風量を弱にして、10cmから20cmほど離して風をあてていきます。風量を弱にすることがポイントですよ。

そして、ドライヤーを髪の根元にあてていきます。髪を持ち上げて、髪の根元に風をあてていきますが、その時に風が1か所に集中しないように気をつけましょう。

根元が乾いてきたら、温風と冷風を交互にあてていき、髪を少し引っぱりながら毛先を乾かしていきます。温風と冷風を交互にあてるのもポイントですので、覚えておきましょう。

Sponsored Links

温風と冷風を使い分ける!

なぜ、温風と冷風を交互にあてていくのかというと、髪を60℃以上の風にあてていると、髪のタンパク質が分解してしまい、髪が傷ついてしまうんです。

ドライヤーの温風は、髪のキューティクルを広げて、髪の内部にある保湿成分を奪ってしまいます。それに対して、冷風は、髪のキューティクルを閉じさせて、必要な保湿成分を逃さしません。

ドライヤーで髪を乾かすときは、温風と冷風を交互にすることがポイントですよ。

乾きにくい根元は、温風をつかって短時間でさっと乾かせば、髪はサラサラになりますし、まとまりもよくなります。途中から冷風に切り替えれば、キューティクルが閉じることで、髪のツヤもでます。温風と冷風の使い分けは大切ですよ。

さらに、使うドライヤーもしっかり選ぶことです。適当に安いドライヤーを買ってしまうと、仕上がりもそれなりなんですよね。ちょっと高めのドライヤーを選ぶだけで、髪の仕上がりが全然変わってくるので、試してみるのも手ですよ。おすすめのドライヤーを紹介しておきます。



ご購入は、リュミエリーナ認証正規販売店へ

濡れたままの髪の毛は危険がいっぱいですので、洗髪後は、必ず髪を乾かしましょう。夜に髪をしっかり乾かせば、寝グセもつくことはありませんので、朝のセットが楽になりますよ。

ドライヤーの正しい使い方は…
・ドライヤーを使う前にタオルで半分乾かす
・風量は弱にする
・髪の根元からあてていく
・風を1か所に集中させない
・温風と冷風を交互にあてる

濡れた状態は、頭皮に雑菌がたまりやすくなりますし、髪が一番傷む原因になりますので、洗髪後は、乾かすようにしましょう。正しいドライヤーの使い方をマスターすれば、若々しい健康的な髪を保つことができますよ。

Sponsored Links