ヘアケアの基本は、とにかく正しいシャンプー法を行うことなんです。なかなか教えてもらうことがないので、正しくシャンプーができている人は、ほとんどいないのが現状です。

毎日シャンプーはしていても、シャンプーの仕方は独自という人が多いのではないでしょうか。

ここでは、正しいシャンプーの仕方をお伝えしていきます。たった3ステップしかありませんので、この機会に正しいシャンプーのやり方を知っておきましょう。

Sponsored Links

シャンプー3ステップ!

シャンプーというと、髪の毛を洗うと思っている人が大半ですが、実は違います。

シャンプーは髪ではなく、頭皮を洗うことに意識することが大切なんです!

頭皮についた汚れや皮脂を、シャンプーの泡で溶かしだすイメージで、やさしく洗うことがポイントです。頭皮をやさしく洗い、シャンプーが残らないようによく洗い流す、これが大切なんです。

それでは、具体的なシャンプー法をお伝えしていきますね。たったの3ステップですので、しっかり覚えておきましょう!

◆シャンプー3ステップ
1.頭皮の汚れを落とす
2.シャンプーを手に取り順序どおり洗う
3.毛の流れに逆らうようにすすぐ

3ステップの詳細をみていきましょう。

1ステップ 頭皮の汚れを落とす

シャンプーする前に、まずは手ぐしで髪全体をすすぎましょう。

指の腹で、髪と頭皮をマッサージするようにブラッシングし、髪に付着したほこりや汚れを落とします。こうすることで、頭皮の血行もよくなりますし、ゴミやフケなどを浮き上がらせることができます。

手ぐしをしたら、次にシャワーを使って汚れを落とします。

40度くらいのお湯で、頭にシャワーをあてて髪全体を濡らします。ここでも、頭皮と髪の汚れをしっかり落とすイメージで洗い流しましょう。

シャンプーの前に、手ぐしとシャワーで、頭皮のほこりや汚れを充分落とすことがポイントですので、このステップを省略しないようにしましょうね。

2ステップ シャンプーを手に取り順序どおり洗う

シャンプーは直接頭皮につけるのではなく、必ず手のひらにとって、お湯を加えてよく泡立たせることがポイントです。泡立たせるのは結構面倒なのですが、泡立てネットを使うと、簡単にフワフワの泡ができますのでおすすめですよ。

泡立てたら、次の順序で洗っていきます。

後頸部(首の後ろ側)
 ↓
後頭部
 ↓
側頭部
 ↓
頭頂部
 ↓
前頭部

手にとって泡立てて、順序にそって洗うことがポイントですので、覚えておいてください。

シャンプーするときに注意することは、爪は絶対に立てないことです。指の腹を使って、頭皮をもむように洗っていきましょう。

また、ワックスやスプレーなど整髪料を使用している人は、1度では洗いきれないので、2度洗うことがおすすめです。1度目は髪と頭皮の汚れをとることに集中し、すすいでから2度目は、頭皮を洗うことだけを意識しましょう。

Sponsored Links

3ステップ 毛の流れに逆らうようにすすぐ

さいごに、頭皮についたシャンプーを洗い流しますが、ここでも順序があります。

すすぎは、下から上へ、毛の流れに逆らうように流すのがポイントです。

上からただ流すだけでは、髪の表面の泡だけしか洗い流せませんので、毛の流れに逆らうようにすすぎましょう。

さらに、頭皮についた泡を充分に流すために、指の腹で直接頭皮にふれて、頭皮までしっかりとお湯をそそいで、シャンプーが頭皮に残らないようにすすぎます。すすぎ残しは、頭皮のトラブルの原因となりますので、念入りに洗い流しましょう。

すすいだ後は、しっかり髪を乾かすのも忘れないようにしましょうね。濡れた状態は、髪が最も傷つきやくなっているので注意ですよ。




毎日シャンプーしている人は多くても、正しくシャンプーできている人は少ないのではないでしょうか。

シャンプーは、髪ではなく頭皮を洗うことを意識する。そして3ステップでシャンプーすることが、正しいシャンプー法です。

1.頭皮の汚れを落とす
2.シャンプーを手に取り順序どおり洗う
3.毛の流れに逆らうようにすすぐ

正しいシャンプの仕方を覚えておけば、頭皮につまった皮脂や汚れもしっかり落ちますし、健康的な若々しい髪になります。正しいシャンプー法は、ヘアケアの基本中の基本ですから、しっかりマスターしましょうね。

Sponsored Links