abbey-road-studio-252794_640

ビートルズをよく聞く方は一度は耳にしたことがあるEMIアビイ・ロード・スタジオ(アビーロード)。アルバムのタイトルにもなっていますし、ビートルズの4人が横断歩道を渡るレコード・ジャケットは有名ですよね。

アビー・ロード・スタジオ近くには有名な横断歩道や、ポール・マッカートニーの家もありロンドンを訪れた際にはぜひ寄ってみたい場所です。私も何回か訪れていて、やっぱり横断歩道で写真を撮ってしまうのですが、交通量も多くアングルが難しいんです。

ここでは、アビー・ロード・スタジオへのアクセス方法やジャケットにもなった横断歩道で上手く写真を撮る方法、そのほか近所のビートルズゆかりの地も紹介していきます。ビートルズ好きであれば一度は訪れてみたい場所であるアビーロード・スタジオ。それでは早速みていきましょう。

Sponsored Links

アビー・ロード・スタジオとは?

1960年以降、最も有名になったレコーディングスタジオといっても過言ではないのがEMIアビー・ロード・スタジオです。

1962年から1970年にかけて、ビートルズがレコーディングを行ったスタジオです。200を超える楽曲が生まれたスタジオで、ビートルズファンにとって、アビー・ロード・スタジオは聖地のようなものです。

もともとはEMIの第2スタジオでしかなかったのですが、ビートルズの実質ラストアルバムを「アビーロード」と名付けたため、このスタジオはアビー・ロード・スタジオと呼ばれるようになりました。

呼び名が定着したことで、EMIは「EMIスタジオ」から正式に「アビー・ロード・スタジオ」と名称を変更しました。1970年代からはアビー・ロード・スタジオの名称が続いています。

ちなみに、ビートルズがはじめてアビー・ロード・スタジオを訪れたのは1962年6月6日です。ビートルズとアビー・ロード・スタジオの関係で、特に重要なものをピックアップしてみました。

ビートルズとアビー・ロード・スタジオ

ビートルズとスタジオの関係をみていきましょう。

◆1962年6月6日
ビートルズ初のレコーディングがアビー・ロード・スタジオで行われた。この時のドラムはピート・ベストです。

◆1962年9月4日
リンゴ・スターがドラムとなり、デビューシングル「love me do」をレコーディング。

◆1963年2月11日
ファーストアルバム「Please Please Me」収録される10曲すべてをレコーディング。

◆1965年10月〜11月
アルバム「Rubber Soul」をレコーディング。翌1966年春に「Revolver」を制作。

◆1967年6月25日
世界中に「All you need is love」のレコーディング風景が中継された。約6分間の中継で、全世界で3億5,000万人が視聴した。

◆1970年1月3日〜4日
ビートルズとして最後のレコーディングがアビー・ロード・スタジオで行われた。


ほんの一部を紹介してきましたが、ビートルズにとってアビー・ロード・スタジオは遊び場であり仕事場でもありました。創造的な場所でもあり、唯一世の注目から逃れられる安息の場所がアビー・ロード・スタジオだったんです。

では、次にアビー・ロード・スタジオの場所をチェックしていきましょう。ロンドンに行ったらぜひ寄ってみてください。

アビー・ロード・スタジオへのアクセス

アビー・ロード・スタジオの場所は、イギリスのロンドン北部、セント・ジョンズ・ウッドです。

地下鉄ジュビリー線のセント・ジョンズ・ウッド駅から徒歩5分程度で着きます。途中にはアルバム「アビーロード」で有名になった横断歩道もあります。横断歩道は、駅からスタジオへ真っ直ぐ向かうと1箇所右折するポイントがあるのですが、その右折する場所に横断歩道はあります。

◆アビー・ロード・スタジオ

住所:3 Abbey Rd, London NW8 9AY
最寄駅:St.John’s Wood Stationから徒歩5分

撮影ポイントとしてはアビー・ロード・スタジオと横断歩道なのですが、この横断歩道、撮影が非常に難しいんです。次に横断歩道で上手く写真を撮る方法をお伝えしていいきます。

Sponsored Links

横断歩道での写真の撮り方

アルバム「アビーロード」のジャケット写真が撮影されたのは、1969年8月8日金曜日のAM11:35です。アルバムリリースは1969年9月26日ですから、リリースの約1ヶ月前に撮影されたんですね。

ジョンとヨーコの友人であるフリーカメラマンのイアン・マクミランによって撮影された写真は、全世界でほめたたえられ最も有名なレコード・ジャケットとなりました。

脚立を置いて撮影されたのですが、この道は通行量が非常に多くかなり危険です。特に通勤ラッシュである朝や夕方に撮影するのは難しいです。あのジャケットのような写真を撮るには、まず時間帯を選びましょう。

アビイ・ロード_住所 ロンドン_-_Google_検索

アビイ・ロード_住所 ロンドン_-_Google_検索 2

撮影するおすすめ時間は…
午前中の通勤ラッシュ後の昼近く

アルバム写真も午前中に撮影されていますので、同じような写真を撮りたい場合は午前中(昼間近く)で晴れた日を選びましょう。

撮影に必要なものは…
脚立があるとベスト

撮影するポイントとしては、脚立でカメラを固定した方がいいです。かなりの交通量がありますので、車に十分注意して撮影してください。間違っても通勤ラッシュの時間帯を選ばないようにしましょうね。

Sponsored Links

周辺にあるビートルズゆかりの地

アビー・ロード・スタジオに近くのビートルズゆかりの地といえばポール・マッカートニーの家です。ポール以外の3人はロンドン郊外に家を持ちましたが、ポールだけはロンドン、しかもスタジオから徒歩5分程度の家に住みました。

1966年8月に引っ越しを済ませ、ビートルズのメンバーの打ち合わせ場所としても使われました。ジョンとポールが作った曲に手を加えたり、アイデアを出しあう場所でもあったんです。ホワイトアルバムに入っているポールのポートレートもこの家で撮影されました。

ビートルズファンの間では有名な家で、アビー・ロード・スタジオに寄った際には訪れる人も多く、もはや観光地化しています。地元のビートルズツアーのコースにも含まれていますよ。

1970年代後半からはイースト・サセックスの家で過ごすことが多くなりましたが、ポールは現在もこの家を所有しているんですよ。





ビートルズの聖地といえばアビー・ロード・スタジオです。ロンドンを訪れた際はぜひ寄ってみてください。

最寄り駅は…
St John’s Wood Station

そして、アビー・ロード・スタジオに寄ったら必ず横断歩道で撮影をしましょうね。ただし、交通量が多いので、撮影する時間帯を選び、車に気をつけて撮影するよう十分注意してくださいね。

Sponsored Links