e37ad140b02a26dd8fd99badf4316eac_s

夏のデートの定番といえば花火大会です。毎年夏を中心に全国各地で開催され、東京や大阪など都市近郊では毎週花火大会ということもあります。

夏になると数回は花火大会に足を運ぶのですが、これがあれば便利だなとか、基本の持ち物をついつい忘れてしまうんですよね。なので備忘録として、花火大会の持ち物をまとめました。

特にデートで花火大会に行く場合は、男の腕のみせどころです。基本の持ち物はもちろん、デートではかかせないアイテムを持っているだけで男が上がるのは間違いなしです。女性への心遣いができるのは、モテる男の絶対条件です。

ここでは、花火大会の基本の持ち物、あると便利なモノ、そのほかデートで欠かせないアイテムを紹介していきます。花火大会の持ち物チェックリストとして活用してください。それでは早速みていきましょう。

Sponsored Links

まずは基本の持ち物をチェック!

まずは花火大会には欠かせない基本の持ち物からチェックしていきましょう。基本中の基本ですので、忘れないようにしましょうね。

レジャーシート

レジャーシートは欠かせない必需品です。飲み物や食事を置くことを考えると、実際の使用人数目安よりやや大きめのサイズの方がおすすめ。

また、レジャーシートがあれば、場所取りにもつかえますし、テーブルを置いたり、場所によってはゴロンと寝転がって夜空の花火を楽しむことができます。

選ぶときのポイントは…
・持ち運びが便利か
・地面からの湿気を防げるか
・汚れをすぐ拭き取れるか

あとはクッション性や柄で選びましょう。それらの条件を満たすおすすめレジャーシートを紹介しておきますね。薄っぺらいシートより、やや厚手のレジャーシートが便利。


コールマン(Coleman)レジャーシート

レインコート

夏の天気は突然の夕立など変わりやすいのでレインコートは必需品です。レインコートの用途は雨だけでなく、寒さ対策としても使えます。

レインコートを選ぶ目安はズバリ耐水圧10,000mm以上のものです。耐水圧とは、どれくらいの水圧に対して耐えられるのか、その防水性の数値です。

耐水圧10,000mmというと暴雨風の手前の大雨ぐらいです。耐水圧が10,000mm以上あれば雨が降っても安心ですよ。


チャムス chums レインコート

タオル

タオルはただ汗を拭くというだけでなく、熱中症対策でも使えます。水に濡らしたタオルを首にまけば熱中症対策になりますし、暑さも和らぎます。基本はコットン100%の吸水性の高いモノを選びましょう。

1枚もっているだけで何かと便利に使えるので、ぜひ持参しましょう。


チャムス CHUMS タオル

防寒具

特に海沿いでの花火大会では必需品です。風がビュウビュウ吹いてくる会場では、体が冷え込んでしまいます。真夏の時期といえど油断はできません。

上からはおれるものを1枚もっていきましょう。夏にひく風邪は長引きやすいので注意ですよ。アウトドアブランドのモノはつくりもしっかりしていますし、レインコートとしても使える多機能のモノもあります。アウトドアブランドの中でも王道のPatagoniaはおすすめですよ。


patagonia TORRENTSHELL JACKET

ビニール袋

これ意外かもしれませんが、持っていった方がいいです。飲食したゴミ袋としても使えますし、万が一雨が降ってきた時に、荷物に被せれば濡れずにすみます。

また、濡れた服やタオルもビニール袋に入れて収納できます。大きめのビニール袋ではなく、小さめのモノを何枚か用意しておきましょう。

花火大会は外で観覧するものなので、アイテムはやっぱりアウトドアブランドのものがおすすめです。細部まで丁寧につくられていますし、何より悪天候にも対応できるようになっています。

Sponsored Links

持っててよかったアイテム!

ここからは必需品ではないですが、持っていてよかったというアイテムを紹介していきます。荷物スペースに余裕があれば持って行きましょう。

ウェットティッシュ

花火大会会場は屋台も出ていて色々なグルメが楽しめるのもいいんですよね。そういった飲食時に便利なのがウェットティッシュです。

レジャーシートに食べ物や飲み物がこぼれることはよくありますし、洋服についた汚れも落とすことができます。汗拭きとしても使えるので持っていると重宝します。


エリエール 除菌できるアルコールタオル携帯 32枚入

折りたたみの椅子

レジャーシートに長時間座っているとお尻がいたくなります。地べたに座るのは姿勢的にもキツイので、折りたたみの椅子があると便利です。

多くの人で混みあう場所では使用を控えた方がいいですが、穴場スポットなど人が少ない場所で観覧するときは、ぜひ持っていきましょう。持ち運びがカンタンで軽いモノを選びましょうね。


Coleman コンパクトフォールディングチェア

モバイルバッテリー

今やかかすことができないモバイルバッテリー。探しものなど足元を照らすときも懐中電灯としてモバイルは使用できますが、花火の写真や記念撮影などバシャバシャ写真を撮っていると電池もあっという間になくなります。

モバイルバッテリーを持っていれば安心感が違いますし、待ち合わせやはぐれた時にも電池切れを心配する必要がありません。野外ではコンセントがないので、ぜひモバイルバッテリーは持っていきましょう。

少々値段はしますが、どうせ買うなら大容量の方がおすすめですよ。


Anker PowerCore プレミアムモバイルバッテリー

デートで男を上げる必需品!

ここからはデートでは絶対に持って行きたいアイテムを紹介していきます。マストなものを厳選しましたので、ぜひ参考にしてください。

絆創膏(ばんそうこう)

浴衣で出掛けると下駄や草履を履きますが、靴と違って靴ずれがおきやすいんです。彼女が足をひきずっていたら、さりげなく絆創膏を渡してみましょう。

絆創膏をもっている男性はほとんどいないので、こういった気遣いができる男性は絶対にモテる? かもしれません。


バンドエイド 水に強いタフガード XL 10枚 防水タイプ絆創膏

虫よけスプレー

水辺近くでの花火大会では必需品です。真夏でしかも水辺だと蚊も大量に発生しており、虫除けスプレーや虫除けミストは持参しましょう。

お酒を飲みながら観戦していると、蚊はよってきます。蚊はお酒を飲んでいる人を標的にする特徴をもっているので、お酒を飲むなら虫よけスプレーは必須です。


スキンガード アクア スプレータイプの虫除け 携帯用

ランキング形式の記事をみつけましたので参考にしてくだい。
参考:虫除けスプレーおすすめはこれっ!人気ランキングを紹介!

日焼け止め

花火の打ち上げ前に屋台グルメやイベントを楽しむこともあるでしょう。また、待ち合わせや場所取りする時間帯は、まだ太陽がガンガン直射日光を浴びせていますので、日焼け止めは絶対必要です。

花火大会は夜のため意外と女の子も忘れるケースが多いです。1本持っていると男の株が上がりますよ。スキンケアと紫外線をダブル機能のある日焼け止めはおすすめです。絶対に女性も喜ぶ日焼け止めなので、そのままプレゼントしてもいいですね。




ホワイティシモ byPOLA

公共交通機関のICカード

ICカードはもはや花火大会の必需品といっても過言ではありません。大会終了後の駅の混雑はすさまじいですよね。

切符を購入するにももちろん並びますし、ホームにも人が入れないほどごった返しています。帰りの切符を購入しておいてもいいですが、何かと便利なICカードを持っておきましょう。チャージするのを忘れると行列に並ぶことになるので、出発駅で必ずチャージですよ。

Sponsored Links

まとめ

花火大会の持ち物チェックリストはいかがでしたでしょうか。出掛ける前にぜひ参考にしてくださいね。

基本の持ち物は…
・レジャーシート
・レインコート
・タオル
・防寒具
・ビニール袋

持っててよかったアイテムは…
・ウェットティッシュ
・折りたたみの椅子
・モバイルバッテリー

デートで男を上げる必需品は…
・絆創膏(がんそうこう)
・虫よけスプレー
・日焼け止め
・公共交通機関のICカード

カップルで出掛ける場合は、デートで男を上げるアイテムも忘れないようにしましょうね。気遣いがデキる男は必ずモテるはず!? ですよ。

Sponsored Links