4cc74d1ffc60e0ee4b8bf81aac2a27b2_s
調布の夏の風物詩といえば調布花火大会ですね。多摩川の自然を眺めながら華やかな花火が楽しめる関東屈指の花火大会です。

今年で34回目を迎える調布花火大会は、38万人もの人出で賑わう大人気の花火大会です。さすがに映画のまちだけあって、映画音楽と花火のコラボレーションが見ものです。

ここでは、調布花火大会をより楽しむために穴場スポットを徹底紹介。そのほか日程や打ち上げ時間、大会プログラムもお伝えしていきますので、ぜひチェックしてから出かけましょう。それでは早速みていきますね。

Sponsored Links

調布花火大会2016の日程と打ち上げ時間!

調布花火大会は毎年8月お盆期間が過ぎた最初の日曜日に開催されます。

2016年の開催日程は…
8月21日(日)

打ち上げ時間は…
18:50〜19:50
(開会式は18:30)

荒天の場合は残念ながら中止となってしまいます。実施するかどうかは大会当日10:00までに決定しますので、出掛けるまえに公式HPはチェックしておきましょうね。

打ち上げ場所

花火の打ち上げ場所は、多摩川二ヶ領上河川付近の中洲です。

調布花火大会2016の見どころは?

調布花火大会の見どころは、音楽と花火がコラボした「ハナビリュージョン」です。映画音楽とともにリズミカルにあがる花火は迫力満点ですよ。

2015年の迫力ある動画をみつけましたのでご覧ください。

映画のまち調布だけに、映画音楽と花火がコラボします。なじみ深い音楽とともに、コンピュータ制御による完全シンクロで打ち上がる花火は見るものを圧倒させますよ。

大会プログラムのポイントも紹介しておきますね。

大会プログラムのポイント

ポイント1
大玉を中心とした大迫力スターマインや、キャラクターを描いた花火など多彩なプログラムが用意されています。
ポイント2
調布名物ともなった音楽と花火の「ハナビリュージョン」が目玉のプログラムです。どこかで聞いたことがある映画音楽なので、会場が盛り上がること間違いなしです。
ポイント3
ゆったりと花火を観賞したい方は人気の有料席がおすすめです。間近で音楽と花火を楽しめますよ。

それでは、調布花火をより楽しむために穴場スポットをみていきましょうね。

調布花火大会の穴場スポット3選!

38万人もの人出で賑わう調布花火大会なので、どこにいっても人、人、人の山です。ゆったりと花火を楽しむために穴場スポットを3つ厳選したので紹介していきますね。

稲田公園

川崎市側にある公園です。最寄り駅の稲田堤駅から徒歩8分ほどで着きます。打ち上げ場所から離れていることもあり、比較的空いている穴場スポットです。

京王多摩川会場自由観覧エリア

京王多摩川駅より徒歩10分で、打ち上げ場所から少し離れている観賞エリアになります。定番の布田会場より空いているので、ゆったりと観賞できる会場ですよ。早めに着けば、ベストビューポイントをおさえられますので、早め早め行動を心がけましょう。

下布田公園

調布市側にある公園です。最寄り駅の調布駅から徒歩10分ほどです。打ち上げ会場からは離れているのですが、公園自体が広いこともあり、自分のお気に入りポイントを探し、ゆったり花火を観賞できますよ。

穴場スポットもゆったり花火を観賞できますが、最強なのは何といっても有料席です。場所取りからも解放され、絶好の観賞ポイントですので紹介していきますね。

特等席情報

迫力ある花火を楽しむには、臨場感抜群の有料席がおすすめです。

布田会場

テーブルS(土手上) 20,000円(4人)
布田イスS(土手上) 4,000円(1人)
テーブルA 18,000円(4人)
ペアイス 8,000円(2人)
布田イスA 3,000円(1人)
シート 10,000円(4人)
布田升 45,000円(10人)

アクセス 京王線布田駅より徒歩20分

目の前に花火が打ち上がる最高の観賞ポイントです。大人気の特等席ですので、早めに予約するのがポイントですよ。

京王多摩川会場

多摩川イスS 3,000円(1人)
多摩川イスA 2,500円(1人)
多摩川升 40,000円(10人)

アクセス 京王多摩川駅より徒歩10分

電通大グランド会場

調布シート 2,000円(1人)

アクセス 調布駅より徒歩20分

映画のまち調布シート(ビニールシート)の自由席で花火を観賞できます。利用者専用の入口も用意され、そこから観賞スペースに出入りできますよ。

さいごに、混雑回避のポイントを紹介していきますので参考にしてくださいね。

Sponsored Links

混雑回避の攻略ポイント!

調布花火大会をより楽しむために、混雑回避のポイントを3つにまとめました。

布田会場より京王多摩川会場を選ぶ

見物客が集中する自由観覧エリアは布田会場です。混雑を避けるには京王多摩川会場の自由観覧エリアを選びましょう。早めに着けば、ベストエリアをおさえられますよ。

場所取りは早めに済ませる

場所取りは15時までには済ませておくのがポイントです。場所をおさえたら近くの屋台でグルメを楽しんだり、河川敷の散歩も楽しめますよ。

アクセスは布田駅か国領駅

京王調布駅は大会開始前、大会終了後も大混雑です。なるべく利用を控えた方がいいです。混雑を避けたいなら布田駅もしくは国領駅を利用しましょう。

また、帰りの切符やICカードは絶対に準備しておきましょうね。切符売り場の混雑も大変なことになているので、しっかりと準備しておきましょうね。



調布花火大会をより楽しむために、今回紹介した穴場スポットはぜひ参考にしてくださいね。ただし、穴場スポットといえど花火大会の鉄則は早めの行動ですので、事前に準備しておきましょうね。

映画のまちならではの花火大会で、映画音楽と花火の競演は今から楽しみです。現地まで足を運び、最高の夏の思い出をつくりましょう。

Sponsored Links