515c1798e675d5a3662f0de0b73fe5eb_s

今年で38回目をむかえる足立の花火が開催されます。スターマイン、小型煙火、ナイアガラなど13,500発もの花火が打ち上がります。

1時間という限られた時間の中で、凝縮された花火を楽しむことができます。すっかり下町夏の風物詩となった花火大会で、毎年55万人以上もの人出で賑わう大人気の花火大会なので、周辺地域はどこも大混雑です。

ここでは、足立の花火の日程や見どころ、おすすめの穴場スポットを完全ガイド。あわせて花火大会の注意点や混雑回避の攻略法もお伝えしていきますね。それでは、早速みていきましょう。

Sponsored Links

足立の花火2016の開催日程は?

足立の花火は毎年7月下旬の土曜日に開催されています。

2016年の花火打ち上げは…
7月23日(土)

打ち上げ時間は…
19:30~20:30

少々の雨では決行しますが、荒天の場合は中止となってしまいます。当日の朝は天気予報をしっかりチェックしておきましょうね。

足立の花火の見どころ!

足立の花火の魅力は、花火と音楽のコラボレーションです。オープニングでは曲に合わせて次々と花火が打ち上がり、花火と音楽が楽しめます。フィナーレでは、行進曲の「威風堂々」をバックに満開の花火が咲き乱れます!

また、スターマインや小型煙火、ナイアガラなど多彩な花火が13,500発も打ち上がります。わずか1時間で13,500発の花火ですので、高密度に濃縮された迫力満点の花火を楽しむことができますよ。

昨年開催された花火大会の動画がアップされていたので、まずはご覧ください。

ダイナミックかつ美しい花火を堪能できます。河川敷の斜面に腰掛けて、光と音が織りなす芸術を心ゆくまで観賞しましょう。より楽しむために大会プログラムもチェックしておきましょう。

大会プログラム

シーン1
オープニングはリクエストで1位を獲得した曲にあわせて花火が打ち上がります。
シーン2
avex演出による花火が打ち上がります。警戒な音楽に合わせて花火観賞が楽しめます。
シーン3
威風堂々の音楽に合わせて満開のしだれ桜をイメージした花火が打ち上がります。

HANABI de Live!」では5万本ものサイリウムが配布されるので、音楽に合わせてライブ感覚で花火を楽しむことができますよ。

打ち上げ場所までのアクセスは?

打ち上げ場所は、荒川河川敷の東京メトロ千代田線の鉄橋と西新井橋の間です。

最寄り駅

JR常磐線北千住駅 徒歩15分
東武伊勢崎線小菅、五反野、梅島駅 徒歩15分

打ち上げ場所周辺はどこにいっても混雑していますので、アクセスは電車を利用しましょう。当日は交通規制もひかれる予定なので、車でのアクセスはやめたほうがいいですよ。

日程、打ち上げ場所を確認したところで、おすすめの穴場を3つ厳選しましたのでみていきましょう。

おすすめの穴場スポット3選!

足立の花火の来場者は55万人が見込まれていますので、打ち上げ会場近くは大混雑です。ゆっくり花火を楽しむためにも穴場スポットはおさえておきましょう。

千住新橋グラウンド虹の広場

最寄駅:北千住駅より徒歩15分

人気の北千住側ですが、打ち上げ場所から少々離れるスポットです。国道4号線の橋とかぶりますが、花火はバッチリ見えます。特に混雑は避けたいお子さん連れの方にはおすすめです。帰るときもラクなので、離れてゆっくり花火を楽しむにはもってこいの場所ですよ。

遅い時間から観賞場所を探すなら虹の広場を狙ってみましょう。

西新井緑地

最寄駅:東武伊勢崎線 五反野駅より徒歩15分

花火のメイン会場の一つでもあるのですが、北千住側と比べると大分混雑は避けられるということで紹介しておきます。ほかの穴場スポットと比べると混むのですが、それでも紹介したいのは、スカイツリーを見ながら楽しめるからなんです。

花火とスカイツリーを同時に楽しめるスポットで比較的空いているので、西新井緑地はおすすめですよ。

荒川江北橋緑地

最寄駅:日暮里舎人ライナー  扇大橋駅より徒歩15分

当日思いたったとか、出遅れた方におすすめの穴場スポットです。打ち上げ場所から離れているため比較的空いています。それでも、迫力ある花火は十分楽しめますよ。

尾竹橋通り付近

最寄駅:東武伊勢崎線 梅島駅より徒歩20分

比較的人が少ないスポットで、場所取りに出遅れた人が狙っていける場所です。花火も間近で観ることができます。橋の上は立ち止まり不可の場所もあるので、注意してくださいね。

扇大橋付近

最寄駅:日暮里舎人ライナー  扇大橋駅より徒歩5分

打ち上げ会場から距離があるため、比較的ゆったり花火を楽しむことができるスポットです。家族連れには最適です。ナイアガラの観賞は難しいですが、上空に打ち上がる花火はバッチリ見えますよ。

穴場スポットを紹介してきましたが、迫力ある花火を体感したいなら、やっぱり有料席にはかないません。

Sponsored Links

足立の花火大会の有料席

打ち上げ場所から最も近い有料席は、迫力満点の花火を楽しむことができます。場所取りからも解放されるので、検討する価値はありです。

有料席

千住川土手の斜面 4,000円(90cm☓90cm)

購入方法
全国のセブン-イレブン、サークルKサンクス、チケットぴあで購入可能です。受付詳細は事務局(0570−0209111)または公式HPを確認ください。

足立の花火注意点

足立の花火大会を楽しむために、注意点が3つあるのでチェックしていきましょう。

アクセスは絶対に電車!

会場周辺はどこも混雑していますし渋滞も発生します。アクセスは公共交通機関、電車がおすすめです。花火を見る前からヘトヘトにならないためにも、電車でスムーズにアクセスしましょうね。

河川敷の混みあいは予想以上なので、最寄り駅の北千住駅、五反野駅には15:00には到着しておきましょう。

また、帰りの北千住駅は22:00過ぎまで大混雑が続きます。少し歩きますが、京成線の千住大橋駅や、東武伊勢崎線の牛田駅を利用するのもおすすめです。打ち上げ場所周辺は、まだまだ宿場町の主影が残っており散歩がてら迂回してみましょう。

事前場所取り注意!

足立の花火は原則、事前の場所取りができません。過去にスプレー等のマーキングでの場所取りがあったことから、事前の場所取りはやめるようアナウンスされています。

早め早めの行動です!

花火大会の鉄則は早め早めの行動です。いい場所で花火を観賞するにも、混雑を避けるにも、早めの行動がポイントです。時間に余裕をもって出掛けないと、身動き取れないぐらい人混みに巻き込まれるので注意ですよ。

そのほか、河川敷での開催ということもあり、ちょっと夜は肌寒く感じることもあります。花火大会の持ち物チェックリストを紹介した記事もあるので、ぜひ参考にしてくださいね。
参考:【花火大会の持ち物チェック】デートで男を上げる必需品!





足立の花火は、隅田川花火と江戸川花火と並ぶ東京屈指の河川敷で開催される花火大会です。1時間で13,500発もの花火が打ち上がるさまは、驚くこと間違いなしです。

テーマは「夏の花火は足立から…」というように、都内の花火大会で最初に開催されます。都内で初陣をきる花火大会でもありますので、今年はぜひ現地まで足を運び迫力ある花火を体感しましょう。

Sponsored Links