ふるさと納税をご存知ですか? 一度は耳にしたことがあるけど、なぜ人気なのか、どうやって始めるのか、何がお得なのか、等々わからない方も多いのではないでしょうか。

2008年度のふるさと納税の寄付額は81億円だったのですが、直近では1600億円を超えるようになっています。これほど人気のふるさと納税ですが、面倒くさそうと敬遠する方が多いのも事実です。

ここでは、ふるさと納税の仕組みや賢い使い方はもちろん、おすすめのふるさと納税ランキングをお伝えしていきます。これを読めば、はじめない理由がないお得な制度ということが理解できますよ。それでは、早速みていきましょう。

Sponsored Links

ふるさと納税とは?

個人が2,000円を超える寄付を自治体に行った時に、超えた分が住民税や所得税から戻ってくる制度です。多くの自治体は、寄付のお礼として贈答品を用意しています。

つまり、実質2,000円の自己負担で「お礼の品」がもらえて、地域貢献ができる制度なんです。

ポイント1 お礼として贈答品がもらえます

個人で任意の自治体へ寄付すると、寄付のお礼として、特産品や優待券など魅力的な贈答品が送られてきます。数ある贈答品のなかから、お取り寄せ気分で選べるので、それだけでも楽しめます。

ポイント2 寄付金は税金控除されます

個人が2,000円を超える寄付をした場合、住民税と所得税から控除を受けることができます。年収にもよりますが、50,000円を寄付しても48,000円が税金控除で戻ってくることになります。

ポイント3 好きな自治体を選べます

寄付先の自治体は、出身地とか関係なく自由に選ぶことができるんです。複数の自治体にふるさと納税することもできるので、地域貢献したい自治体や、贈答品狙いで寄付できますよ。

では、実際にふるさと納税を始めてみましょう。ステップにわけて解説していきますね。

ふるさと納税のやり方

面倒くさいと思われるかもしれませんが、実際にやってみるとカンタンです。ステップに分けて説明していきますので、参考にしてください。

STEP1 寄付金額を確認する

自己負担を2,000円で済ませるためには、年収や家族構成によって寄付の金額上限が決まっています。例えば、共働きで夫も妻も年収300万円なら、それぞれ28,000円を上限に寄付すれば、自己負担は2,000円で済みます。

寄付金額上限目安(独身または共働き世帯)

・300万円 28,000円
・400万円 42,000円
・500万円 61,000円
・600万円 77,000円
・700万円 108,000円
・800万円 129,000円
・900万円 151,000円
・1000万円 176,000円

※上記寄付金額上限はあくまで目安です。世帯構成などで変動します。

STEP2 寄付先を選ぶ

次に、寄付先の自治体を決めます。それぞれの自治体の公式HPでもふるさと納税の情報が公開されていますが、便利なのは全国のふるさと納税情報が掲載されているふるさと納税サイト「ふるなび」です。贈答品や寄付金の使い道も検索できるので、ぜひ活用しましょう。

STEP3 寄付を申し込む

多くの自治体ではふるなびなどのサイトと連携しているので、面倒な自治体への連絡やお問い合わせ、郵送書類を待つことなく、サイトから各自治体へ直接申し込みができますよ。

クレジットカードに対応している自治体もあるので、その場で寄付に必要な手順が完了しますよ。そのほか、銀行振込、郵便振替やYahoo!公金支払いでも決済できます。

ここで注意点があります。寄付先が5自治体以内で給与所得者であれば、ワンストップ特例制度が使えるので、その申込も忘れないようにしましょう。

ワンストップ特例制度とは?
寄付先が5自治体以内であれば、確定申告せずに済む制度です。同じ自治体に複数回寄付した場合は、1自治体としてカウントされるので注意してください。

STEP4 寄付金受領証明書を保管する

寄付のお礼の贈答品とともに、寄付金受領証明書が届きます。この受領書は自治体によっては、贈答品とは別に発送されたり、確定申告が始まる2月中旬までに発送されますので、忘れずに保管しておきましょう。

STEP5 税金控除の手続きを忘れない

忘れてはいけないのが、税金から控除してもらう手続きです。ワンストップ特例制度を使う方は、寄付の翌年1月10日までに、寄付先の自治体宛に特例の申請書を送る必要があります。

申請書を送付すると、各自治体が寄付者の代わりに税金控除の申請を代わりにやってくれるので、この手続は忘れないよう注意しましょう。

ふるさと納税の手続きは思っているよりカンタンですよ。では、さいごにふるさと納税のおすすめランキングを紹介していきますね。

ふるさと納税おすすめランキング!

ふるさと納税の贈答品の中から、還元率の高さ(寄付金額に対してもらえる贈答品の価値)、これはと思う逸品を選んでみました。

米沢牛すきやき用肉(山形県飯豊町)

4a228276c99145957b729e6950afa5c7_s

自然の中で育まれた最高級の米沢牛が500g送られてきます。霜降り肉はグルメ通も太鼓判を押すほどで、通年申し込みができます。

飯豊町役場
総務企画課総合政策室
0238−87−0748

土佐料理司本店鰹たたき(高知県高知市)

7d7540d82271709fdfe1acb78a687556_s

土佐伝統の一本釣りで釣り上げた鰹を炭火焼きで調理されたものです。焼目の香ばしさと濃厚な旨味を堪能できるのでおすすめですよ。通年で申し込み可能です。

高知市役所
財政課
088−823ー9408

そうじゃのお米20kg(岡山県総社市)

443b6734b4184f1478b03818af48479f_s

丹精込めてつくられたヒノヒカリ、にこまる、きぬむすめ、朝日のうち1種類が送られてきます。5kgが4袋にわけられて、お米20kgをいただけます。申し込み期限は8月末までです。

総社市役所
総合政策部ふるさと納税推進室
0120−263−108

かつうら七福感謝券(千葉県勝浦市)

勝浦市内の商店や宿泊施設で使える1枚1,000円のチケットが7枚(7000円分)がもらえます。勝浦によく出掛ける方はお得ですよ。

勝浦市役所
企画課地域活力推進係
0470−73−6654

九州産うなぎ蒲焼(福岡県福智町)

c6932e4bff4cd1da58d0c67f9c312860_s

筑豊魚市場の目利きが選んだ九州産うなぎの蒲焼きが送られてきます。身は脂が乗りふっくらしており、美味しさそのままの真空パックで届きます。通年で申し込みができますよ。

福智町役場
まちづくり総合政策課
0947−22−7766

そのほか、人気のランキングはふるなびでもチェックできますよ。

Sponsored Links

ふるさと納税のやり方や仕組みを紹介してきましたが、思っているよりカンタンですので、スグに挑戦してみましょう。

年末にかけて、ふるさと納税の申し込みは増えるため、品切れする贈答品もあります。お中元やお歳暮でも利用する上級者がいるんでしょうね。

ふるさと納税は、やらない理由がないほどお得でカンタンです。実質負担2,000円ですし、寄付したお金を医療費、教育事業に使ってほしいなど、使いみちも指定できるので地域貢献も実感できますよ。ぜひふるさと納税、挑戦してみてください。

Sponsored Links