最近、「小じわ」が増え、「ほうれい線」や「毛穴」が目立つようになった。

それは、老化が進んでいる証拠です。

その老化を促進しているのは、

ズバりっ習慣です!

あなたの日々の習慣が「老け」を加速させています。

今は老けて見えなくても、40歳も過ぎてくると差が目立つようになります。

あなたも日々こんなクセや習慣はありませんか?

Sponsored Links

食事編「危険な食習慣」

美容編「最大の敵は紫外線にあり!」

生活編「何気ないクセに心当たりは?」

食事編「危険な食習慣」

女性は20歳を過ぎると、代謝が下がります。

代謝が下がり、栄養バランスを考えない食事を続けると、

肌への影響は大きく、老化が一気に進みます!

危険1:体を冷やさない

代謝を下げる原因の1つが、体温低下です。

体内に冷たいものを取り入れると、体温が下がり、血行不良になります。

健康面から考えても、体は冷やさない方が良いです。

氷入りのドリンクやアイス、

季節を問わず冷たい生野菜を食べる方は注意しましょう。

ドリンクには氷を入れない、

冷えた食事は、なるべく常温にもどしてから食べることがポイントです。

危険2:偏った食事

ダイエットのために、肉や魚を控えている方がいますが、

これは代謝が下がる原因です。

赤身の肉や、魚に含まれるタンパク質は代謝アップにつながる成分です。

代謝を下げないためにも、タンパク質は必須です。

食事

また、偏った食事や一品ものダイエットは危険です。

栄養バランスに欠けると、不健康になることはもちろん、

老ける原因になります。

キャベツやリンゴだけを食べ続けるダイエットもありますが、

一時的にやせることはできても、肌の老化も促進します。

ダイエットの目的はキレイになることですから、

やせたとしても、老化したら意味がありません。

美容編「最大の敵は紫外線にあり!」

紫外線を浴びると、細胞のDNAを壊れるので肌が老化します。

真夏意外、紫外線対策をあまりしていない方、危険です。

紫外線は真夏以外でも降り注いでいます。

4〜8月がピークですが、1年を通して注意が必要です。

季節を問わず紫外線対策をしましょう。

紫外線

老け顔の原因は「シワ」や「たるみ」だけではありません。

実は、肌の透明感が損なわれると、見た目は老けてみえます。

肌がくすんだ色になると、老け顔にみえます。

透明感がなくなる原因は、メラニンです。

メラニンとは、紫外線のダメージから

肌をまもるためにつくられる色素のことです。

紫外線を浴び続けると、メラニンが大量につくられ

肌が黒く日焼けしたり、シミができてしまうのです。

顔全体がどんより黒くなったり、消えないシミの原因になるので、

紫外線は1年中対策をしましょう!

Sponsored Links

生活編「何気ないクセに心当たりは?」

生活習慣で気をつけなければいけないクセもあります。

危険1:目の酷使

PC画面やスマホを見続けると、目には相当な負担がかかています。

長時間つかうと、目のまわりの筋肉が衰えて、シワの原因になります。

まぶたの筋肉が酷使されると、目を開閉するのも困難になってきて、

その動きを補助しようと額なども動くので、

目もとや顔にシワがあらわれます。

目

またコンタクトをつけている方は注意です。

365日、24時間つけていると筋肉に余分な負担がかかっています。

知らないうちに負担が蓄積していき、

その眼精疲労から目もとにシワをつくってしまうのです。

コンタクトを装着するのは仕事中だけにするなど、

休日は外して、目を休ませるよう意識しましょう!

危険2:噛み方

モノを噛む時に、片方の歯ばかりをつかっていると

顔がゆがみ、左右の筋肉量に差がでます。

顔のバランスがワルくなり老け顔になる上、ゆがみがシワの原因に!

また噛む回数も意識しましょう。

早食いは太る原因になるし、噛む回数が減ると

アゴの筋肉がおとろえ、輪郭がたるみます。

噛む回数を意識的に増やすことで、

健康的な食生活になりますし、食べる量も減っていきます。

やせられて、しかも顔のたるみもとれるので一石二鳥です。


老化防止は思い立ったら、すぐに始めましょう!

ケアの期間が長いほど効果が高くなるので、

まずは普段何気ないクセや習慣の改善から始めましょう!

老化は、日々の生活習慣の積みかさねです。

ただの加齢のせいではありません。

しっかり生活習慣を見直せば、老化のスピードは遅くなりますよ。

Sponsored Links