9b2cbade84425e5080b6d59a641265de_s

真のユース年代の日本一決定戦をご存知ですか。高校サッカーとJクラブユースが揃って日本一をめざして戦うのが高円宮杯U-18サッカーリーグ・チャンピオンシップです。

高校サッカーの強豪校として有名なのは、市立船橋、青森山田、流経大柏などなど。それに対し、Jリーグのクラブチームがもっているのがユースチームで、浦和レッズ、柏レイソル、セレッソ大阪などなど。

サッカーの上手い選手は、Jリーグのユースチームに行くって流れができてますが、実際に高校サッカーとJリーグのユースチームの実力の差はどうなのでしょうか。




本記事でわかること

  • 高校サッカーとユースはどっちが強いのか
  • 真のユース日本一決定戦の高円宮杯とは
  • プロになるならユースでやるべきなのか

ここでは、高校サッカーとJリーグユースチームはどっちが強いのか、高校サッカーの歴史もふまえ検証してみました。

高校サッカーとユースはどっちが強いのか

結論からいうと「実力差はないがプロになるならユースの方がいい」。

どっちが強いのかというと、その時々のチーム編成や大会でのコンディション状態もあるので、はっきり差をつけるのは難しい。

後述する高円宮杯の歴代優勝チームを見ればよくわかりますよ。交互に優勝チームが変わってます。

ただし、高校サッカーは、戦力が常に安定するわけではなく、Jクラブユースチームと比べると圧倒的に安定感に欠ける点は有利です。

また、上手い選手はJリーグユースを選びがちですが、あえて高校サッカーの強豪校を選ぶ人もいますし、ユースに昇格ができなかった中村俊輔や本田圭佑は高校サッカー出身。

なので、実力差はないというのが結論です。では、選手育成という点ではどちらがいいのでしょうか。

中村俊輔の考えは

横浜マリノスのジュニアユース(中学)出身の中村俊輔は、ユースに昇格ができず桐光学園高校へ進学しサッカー部に入学しました。

ジュニアながらユースと高校サッカーを経験した中村選手。ユースと高校サッカー、どちらが選手を育てるのに適した環境なのか。あるインタビューに応じた中で、次のように語っています。

「環境は関係ない。その人、その選手次第」

サッカーの環境や知識はJリーグクラブの方が整っていたが、部活は学校生活の一部であり、グランド整備から始まり、ボール拾いや上下関係など、サッカーと直接関係ないことも多々あったみたい。

だからこそ「誰かから与えられたメニューだけをやるのではなく、何が足りないのかを自分で考えて練習している」と、気づいて、考えて、行動する力がついたみたいです。

実力差はないと結論づけしましたが、その現状に警鐘を鳴らしている人もいます。

流経大柏の本田裕一監督の考えは

千葉県を代表する強豪校、流経大柏の本田監督は40年以上にわたって高校の現場にいる監督です。

定期的に海外にも足を運んで、世界の育成を学んでいる本田監督は「Jリーグユースと高校の強豪校がいい勝負しているというのは何なの」と警鐘を鳴らしてます。

プロになりたい人はユースに行かないとけない」とまで語ってます。

世界のA代表レベルだとテクニックとフィジカルは最高点まできていて、あとはメンタルと戦術。本当は高校から戦術をやるべきで、レアルやバルサは育成の段階からそれをつなげてトップチームにあげている。バルサ出身の久保、レアルの下部組織の中井が日本で育てられたのかというと育てられない

Jリーグのクラブは、プロ選手の育成に投資した方がいいと思っているんですね。

中村俊輔、本田監督からも、高校とJリーグユースのどっちが強いのかというと「実力差はないが、プロになるならユースの方がいい」のではないでしょうか。

高校サッカーとは?

毎年12月下旬から1月上旬にかけて行われ、開幕戦と準決勝、決勝は国立競技場で開催されるため「冬の国立」とも呼ばれています。

元々は関西で試合が行われていたのですが、第55回大会(1976年度)より「関西でスタンドを満員にするのは難しい」などの理由から関東(予選は千葉、埼玉、東京、準決勝から国立競技場)で開催されています。

1918年に第一回大会が開催され、歴史のある大会なんです。高校サッカーで有名な高校は、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

・国見(長崎)
・市立船橋(千葉)
・帝京(東京)など

強豪校出身のJリーガーも数多くいます。2010年のワーフドカップの日本代表は、ほとんどが高校サッカー出身者です。ただ特に最近は、高校サッカーは盛り上がりに欠けてきています。

開催時期や歴史も違うため単純に比較はできないですが、甲子園よりスター選手が出にくい、視聴率、認知度も高くないのが現状です。その理由の1つにJリーグユースチームの台頭があげられます。

Jリーグユースチームとは?

Jリーグユースチームとは、Jリーグの各チームが運営するアカデミーで、高校生が所属するチームのことです。サッカーのエリートが所属しており、

小学生はジュニア
中学生はジュニアユース
高校生はユースチーム

の3つで構成されており、上のチームに入るには昇格しなければならず、競争は激しく、狭き門を突破しなければなりません。

U-16日本代表(16歳以下の日本代表)22名中21名がユースチーム出身ということからも実力の程がうかがい知れます。最近はユースチーム出身者が日本代表に選ばれてきています。

2014年のW杯の主力選手もユースチーム出身が増えています。

高校サッカー強豪国とユースチームはどちらが強い?

過去に高校サッカーの強豪校とJリーグユースがガチンコで戦ったことがありますが、結果はユースチームの圧勝でした。

高校サッカーの中でもトップレベル強豪校がJリーグユースチームと試合をしました。

星稜高校(石川) VS 鹿島ユース
大津高校(熊本) VS 神戸ユース

どちらもユースチームの圧勝。

こういった事情や最近の日本代表選手にユースチーム出身が多いことから、ユースチームの方が実力が上と見る人が多いです。

…が、そんなに単純ではないのが面白いところで、ACミランの本田圭佑はガンバ大阪のジュニアユースからユースチームに昇格できず、石川県の星稜高校へ進んでいます。

またユースチーム出身者はプロに入ってから伸び悩むことが多く、プロになってから課題を抱えている選手がいるのも現実です。

エリートで育ってきたのが、かえって邪魔しているのかもしれません。本田圭佑みたいに、ユース昇格が果たせなくてもイタリアの名門チームでプレーする選手もいます。

本田圭佑のスゴさは、精神力です。ユースに昇格できなかったからこそ、今があるとも言えますね。





高校サッカーとJリーグユースとチームの実力は単純には比較できません。1試合勝負だけで判断することもできませんし、その時々のコンディションもあります。

結論としては、高校サッカーとJリーグユースチームのチームとしての実力は計れませんが、個々人の力はユースチームに軍配ありといえます。

個人の実力をみれば、Jリーグユースの選手の方が巧いです。選ばれた者だけがチームに加入できるのがユースチームですから、それはそうかもしれません。

しかし、サッカーはチームプレーですし、選手のケガや運なども大きく影響します。優秀な人が集まるだけでは勝てないのがスポーツで、チームのバランスが非常に大事です。

チームとして見たときにはどちらに実力があるとはカンタンに比較できないというのが結論です。ただ、Jリーグユースチームがあることで、日本サッカー全体のレベルアップしていることは間違いないでしょう。