大型連休の代表といえばお盆休みですが、2018年のカレンダーはどうなっているでしょうか。2018年カレンダーは、例年に比べると大型連休が少なく、GWもやや物足りなくなっています。(3連休プラス4連休の組み合わせ)

なので、どうしてもお盆休みに期待が膨らんでしまいます。

ここでは、2018年のお盆休みはいつからいつまでなのか、まずはカレンダーをチェック。あわせて高速道路の渋滞や公共交通機関の混雑ピークを予想していきます。お盆休みをより満喫するために、しっかりチェックして早めに計画を立てておきましょう!

Sponsored Links

2018年のお盆休みはいつからいつまで?

盆入りの8月13日にご先祖様をお迎えする迎え火をたき、8月16日に送り火をたくという風習が今でも日本に残っています。だいたいお盆休みは、この迎え火と送り火の風習にあわせて設定しているため、8月13日から16日の4日間というのが一般的です。

この4日間に上手く土日が組み合わさると、5連休もしくは6連休となり大型の連休となりますが、さらに2016年からは、新たな祝日(山の日)が加わりました。

8月11日−山の日
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」として8月11日が祝日として制定されました。7月の「海の日」、8月に「山の日」と、海と山が出そろった感じですね。

また、お盆休みは夏の電力需要も考えて、お盆前後を休みにする会社や、福利厚生の一環で年休を推進している会社もあり、土曜日もしくは山の日スタートで、日曜日終わりの9〜11連休にすることも多いですね。

その結果、1年の休みの中でも最も長い休みとなる方も多く、海外旅行に行ったり、ゆっくり故郷で過ごすこともできます。なので、お盆休み期間中は観光地やレジャースポット等どこに行っても人であふれていますし、高速道路や公共交通機関は激混みなんですよね。

では、2018年のお盆休みのカレンダーをみていきましょう。

Sponsored Links

2018年のお盆休みの特徴は?

8月11日の山の日、13日から16日のお盆に、土日がどう組み合わさるかで連休の長さが決まります。早速2018年の8月カレンダーを見ていきましょう!

◆2018年のお盆休み

お盆休みは一般的には8月13日から16日で、そこに土日がどう絡むかです。2018年の8月のカレンダーを見てみると、11日の山の日が土曜日、お盆期間の13〜16日は土日と1日もかぶってません。

13〜16日が全て平日で、しかも月曜日スタートの4日間です!

これらを考えると2018年のお盆休みは…
8月11日(土)から16日(木)の6連休

11日から16日の6連休となるのが一般的でしょう。

ただし、お盆休みに振替休日を実施している会社や、年休を推進している会社は、17日(金)の1日を休みにして、8月11日(土)からお盆休みスタートとするところも多いでしょう。

そうなると…
8月11日(土)から19日(日)の9連休 

2018年のお盆休みは6連休が最も多く、次いで9連休となるケースが多いでしょう。ただし、働き方改革の影響もあり、年休取得を推進している流れもあることから、2018年は9連休が最も多くなるかもしれません。

2018年のお盆休みカレンダーをチェックしたところで、渋滞、混雑ピークをみていきましょう。

絶対に混むとわかっていても、出掛けざるえない事情もありますよね。そんな時に、帰省ラッシュやUターンラッシュのピークを知っていれば、スムーズに移動できて混雑を避けることができます。ぜひお盆休み前にチェックしておきましょう!

Sponsored Links

2018年お盆休みの混雑と渋滞ピークをチェック!

2018年お盆休み期間の高速道路や公共交通機関の渋滞・混雑のピークは、分散型になるでしょう。

ただし、帰省ラッシュは8月11日スタートの会社がほとんどなので、例年よりひどい混雑と渋滞が予想されます。そのため、ピークの日や時間帯はしっかりチェックしておき、混雑期間や時間帯を避けるように計画を立てましょう。

まずは、高速道路の混雑ピークの時間帯を予想していきます。

高速道路の混雑ピーク

毎年毎年、いやになるぐらいお盆休みの高速道路は大渋滞です。ラジオから聞こえてくる「どこどこを先頭に数十キロの渋滞です」を聞いていると、気分が滅入ってしまいます。

帰省ラッシュのピーク

帰省ラッシュのピークは…
8月11日(土)の7:00頃

帰省ラッシュ予想
東名道 : 伊勢原バス停付近 37km
東北道 : 西那須野塩原IC 48km
中央道 : 相模湖IC 39km
関越道 : 花園IC 43km

下りのピークはお盆休み初日の11日。「山の日」の午前中にピークを迎えるでしょう。

11日は終日混雑が予想されますが、特に早朝の7:00頃は最も混む時間帯です。

なので、もし可能であれば会社が終わってからの10日(金)や11日(土)の深夜3:00頃までに出発した方が混雑は避けられます。早朝5:00頃家を出ても、時すでに遅しで渋滞につかまってしまいます。

仮眠をとったり、運転者を交代するなど安全運転に十分配慮しながら、渋滞を回避しましょう! 一方でUターンラッシュはどうでしょうか。

Uターンラッシュのピーク

Uターンラッシュは…
8月15日(水)17:00頃
8月18日(土)17:00頃
 

Uターンラッシュ予想
東名道 : 大和トンネル付近 35km
東北道 : 上河内SA付近 45km
関越道 : 高坂SA付近 40km

休みが終わる1日前の夕方は高速道路が一番混む時間帯ですので、15日と18日の夕方は渋滞のピークとなるでしょう。混雑を避けるには、午前中の早い時間帯に出発するか、やはり深夜に出発するのがおすすめです。

下りの帰省ラッシュは集中されますが、上りのUターンラッシュは15日と18、19日の3日間に分散されるとみています。せっかくの休みに車中で何時間も過ごすのはもったいない。時間帯をしっかりチェックして計画を立てましょうね。

次に公共交通機関の混雑ピークをみていきましょう。

Sponsored Links

2018年お盆休みの公共交通機関

お盆休み期間中の飛行機や新幹線などの公共交通機関は激混みです。

帰省ラッシュのピーク

帰省ラッシュの混雑ピークは、
8月11日(土)午前中

午前中の早い時間帯に帰って、帰省先でゆっくりしたいという方が多いので、どうしてもピークは連休初日の午前となります。

混雑を避けたいのであれば、夕方から夜遅い便がおすすめです。公共交通機関の場合は、夜に移動したいという方は少ないので、夕方から夜の時間帯は狙い目ですよ。

Uターンラッシュのピーク

Uターンラッシュの混雑ピークは…
8月16日(木)午前中
8月19日(日)午前中

公共交通機関の場合は、16日の午前中と連休の最終日19日午前中がピークになります。車の移動と違い、運転する疲れもないことから、ギリギリまで休みを満喫したいという方が多いのでしょう。

その中でも特に16日の午前中は避けた方が無難です。Uターンラッシュのピークの時間帯といいつつも、9連休が取れる方は「16日から帰省」「これから海外に出発する」という方もいるので、駅や空港は大混雑。混雑が集中する可能性が高いので、注意しましょうね。

また、休みの計画が決まったら、とりあえず公共交通機関のチケットはおさえておきましょうね。新幹線のチケットを安くする方法もありますので、あわせて紹介しておきますね。

新幹線予約!チケットを安く簡単に入手する方法




2018年のお盆休みは土日の組み合わせもいいので、長期連休になりやすいカレンダーになっています。

2018年のお盆休みは…
8月11日(土)から16日(木)の6連休
8月11日(土)から20日(日)の9連休

帰省ラッシュ下りのピークは…
高速道路:8月11日の7:00頃
公共交通:8月11日の午前中

Uターンラッシュ上りのピークは…
高速道路:8月15日、18日の17:00頃
公共交通:8月16日、19日の午前中

休みを満喫するコツは、早め早めに計画を立てておくことです! お盆休みの計画をしっかり立てて、思う存分休みを楽しみましょうね!

Sponsored Links