「どこの転職エージェントを使ったらいいのか分からない」という方向けです。

僕は現在も人事部で働いていて、採用のほとんどは転職エージェントに依頼しています。

「優秀な方を紹介していただけませんか?」と普段エージェントに依頼していることもあり、どこの転職エージェントが良いのかは、ある程度分かります。

中小から大手のエージェントまで、色々な営業の方と接していれば、本気で求職者に向き合っている会社なのか分かりますからね。

そんな中で今回は「転職エージェントを使いこなすポイント」と「おすすめ転職エージェント5社」を紹介していきます。

転職エージェントの使い方!おすすめは5社全部です!

転職エージェントの裏側ですが、どこの転職エージェントでも、見ている求人データベースは同じです。

そこから、担当者(キャリアアドバイザー)が、求職者のニーズに合った企業を紹介するというのが一般的な流れです。

ここから大事な話なのですが、転職エージェントを利用するときは「転職エージェントをどう使っていくか」がポイントということを忘れないようにしましょう。

そもそもエージェントのビジネスモデルは、転職者の入社が決まって初めて売上となります。だいたい転職者の年収の30%程度が報酬の相場です。

ということは「内定が出やすい会社」をすすめてくる可能性もあります。なので「転職エージェントをどう使っていくか」という視点が大事なのです。

転職を考えている方はマストで利用すべきエージェント

エージェント特徴
doda(デューダ)業界最大手で豊富な求人数をもっています。僕自身もお世話になりました。
パソナキャリア転職に精通したキャリアアドバイザーが多くいらっしゃいます。
リクルートエージェント転職の支援実績は業界NO.1です。とにかく求人数が多い。
JAC Recruitmentミドルからハイクラス求人に強く満足度が高いエージェント。
ビズリーチハイクラス求人に特化したエージェント。

今や転職エージェントは、大手企業から個人事業まで数千を超える会社があります。その中で上記5つから登録しておけば失敗しないです。

数多く登録する理由は、転職エージェントそれぞれに得意不得意があるから。なので転職エージェントは複数利用するのがおすすめです。

今回おすすめしている5社は実績も満足度も申し分ないですし、それぞれの特徴からあなたに合った転職エージェントが見つかると思います。

5社も登録するのが面倒だって人は、最初はdoda(デューダ)のみでも良いかなと。特に初めて登録する人はエージェントってこんな感じなんだというのを掴んでから、後から他エージェントに登録しても遅くないので。

ただし注意点があります。最初に5社登録してキャリアアドバイザーと面談したら転職エージェントは2社まで絞りましょう。なぜなら紹介される案件も増えますし、キャリアアドバイザーとのやり取りに時間を取られるから。

最初5社登録して転職活動を本格的に始める前までに2社まで絞るのがおすすめです。

補足説明
転職エージェントは会社の規模ではなく、「キャリアアドバイザー個人のスキル」によるところ大きいため、担当してもらう人により当たり外れがあるのも事実です。

なので、あなたに合ったキャリアアドバイザーと出会うためにも複数登録しておきましょう。

転職エージェント5社の特徴

僕の経験上、転職エージェントは大きく3つのタイプに分けることができます。

  • 求人数が半端なく大量に紹介してくるタイプ
  • ミドルからハイクラスに絞って紹介してくるタイプ
  • ハイクラス求人に絞って紹介してくるタイプ

求人数が半端なく大量に紹介してくるタイプ

初めての転職する方、2回目ぐらいまでの転職者におすすめなのが「求人数が半端なく大量に紹介してくるタイプ」です。

いわゆる大手の転職エージェントです。

大手の転職エージェントだけに、大量の求人数をもっています。とにかく、たくさんの求人を手当り次第に紹介してくれます!

ただし、担当者(キャリアアドバイザー)が入社間もない新人になることもあり、キャリア相談もどこかマニュアル的と感じることがあります。

キャリア相談については、あまり期待はしない方がいいでしょう。

転職エージェントはどう使っていくか

初めて転職する方には、さまざまな求人を出してくれるので、業界や職種を絞らずに、幅広く求人をもらって転職市場を把握しておきましょう。

年収や職種、勤務地などの希望も幅広く伝えて、条件に合う求人は全て紹介してもらうのがおすすめ。

大量に求人を見ることで、あなたに合った求人、あなたの仕事観などが分かるようになるでしょう。それを把握する意味でも、多くの求人情報を出してもらってください。

>>doda(デューダ)へ無料登録(公式サイト)
>>パソナキャリアへ無料登録(公式サイト)
>>リクルートエージェントへ無料登録(公式サイト)

ミドルからハイクラスに絞って紹介してくるタイプ

2回目以降の転職者におすすめなのが「ミドルからハイクラス絞って紹介してくるタイプ」です。

「あなたにはこの会社がおすすめです」とかなり絞って紹介してくれます。

大手転職エージェントと違って、ミドルからハイクラスに絞って紹介してくるだけに、年収を含めた交渉事に強いイメージです。求職者と企業をマッチングするのに長けています。

経験のあるキャリアアドバイザーが多いので、書類の書き方から面接対策まで的確で、決定率も高いです。

転職エージェントはどう使っていくか

はっきりと希望条件を提示して、紹介された求人が合わなければ、はっきりと興味があるかどうかを伝えましょう。

条件があえば、企業へしっかり交渉してくれるので、決定率が高くなります。

希望条件については忖度せず、はっきりと明確に伝えるのがポイント。条件に合わなければ、別の求人を提示してくれるので、キャリアアドバイザーとは認識にズレがないよう丁寧なコミュニケーションをとっておきましょう。

>>JAC Recruitmentへ無料登録(公式サイト)

ハイクラス求人が多いタイプ

少し転職に慣れている方、3回目以降の転職を考えている方におすすめなのが「ハイクラス求人が多いタイプ」です。

キャッチコピーが「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」「求めているのは即戦力」の通り、ハイクラス求人が主です。

経験を積んだ専門性の高いスペシャリストや、マネジメント経験が豊富なジェネラリストのキャリアを描いている方に特におすすめです。

そのほか、外資系企業への転職、高額な年収を希望している方も登録しておきましょう。

転職エージェントはどう使っていくか

転職に慣れている感を出しつつ、ほかのエージェントも使って、面接まで進んでいる会社もあるくらいの姿勢だと、多くの求人を紹介してくれます。

ポイントはキャリアアドバイザーとの関係で、はっきりとあなたの条件を伝えることはもちろん、将来のキャリアを含めて企業選びの相談ができるパートナーにしていくのがおすすめです。

>>ビズリーチへ無料登録(公式サイト)

まとめ:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントおすすめの5社を紹介してきました。

転職を検討し始めた方、将来転職するかもしれないぐらいの方でも、さっそく登録してみましょう。

転職エージェントに登録すると、あなたの強みやキャリア思考を見つめなすことになりますし、市場価値もわかります。

転職はキャリアアドバイザーのスキルによるところも大きいので、あなたに合うキャリアアドバイザーと出会うためにも、転職エージェントは複数登録しておくのがおすすめですよ。

おすすめの転職エージェント5社