【青色申告と白色申告の違い】副業サラリーマンは必見!簡単解説!

副業を始めた会社員の方が、ぼちぼち稼げるようになって来た時に一番困るのが、税金問題です。

今まで、年末調整で会社が手続き、納税までやってくれていたのに、副業サラリーマンは、自身で納税する必要があります。これが確定申告というものです。

その確定申告の中でも「青色とか白色とかあるらしいぞ」「青色とか白色とか意味わからない」「違いは何なの」など疑問がある方。

そんな疑問を解消します。

  • 確定申告の種類は青色/白色申告の2つのタイプ
  • 青色申告と白色申告の違い
  • 税額だけじゃない!青色申告はこんなにトクする!
  • 青色申告は手間がかかる?



会社に黙って副業をやっている方などは、会社の経理にも相談できず、誰に相談していいか分からないでしょう。

この記事を読めば、青色申告と白色申告の違いがわかります。また、副業サラリーマンは青色申告にしなきゃ! と税務署に手続きに行きたくなるでしょう。それでは、早速みていきましょう。

Sponsored Links

確定申告の種類は青色/白色申告の2つのタイプ

確定申告には「青色申告」と「白色申告」の2つのタイプがあります。副業サラリーマンで20万円以上稼いでいる方は、どちらかを選ぶ必要があります。

サラリーマンの税金は、会社が源泉徴収により、所得税を給与より天引きして、年末調整をやってくれ、納税までしてくれます。なので、ほとんどのサラリーマンは確定申告をしたことがない。

副業サラリーマンは、会社がやってくれていた納税を、青もしくは白を選んで、ご自身で納税額を計算し、税務署へ納付することになります。

街に出てみると、青色申告宣言の町などの看板も目にしませんか。また、青色申告という言葉は耳にすることはありませんか。

では具体的に、青色と白色申告の違いについて、わかりやすく解説していきますね。

Sponsored Links

青色申告と白色申告の違い

2つの大きな違いは、ずばり「帳簿」をつけるかどうかです。

帳簿とは、簡単にいうと「事業にかかわるお金の出入りを記録する」こと。

白色申告を選べば、帳簿をつける義務はありませんが、青色申告は帳簿付けは必須。その代わり、青色申告では「税金が安くなる特典」が多々あります。

使えるお金が増えるということです。

青色申告の特徴は…

  • 税金が安くなる特典を受けられる
  • 帳簿を付け、税務署に所定の申告書と決算書を提出する
  • 事前に税務署への届出が必要


白色申告の特徴は…

  • 帳簿を付ける必要なし(300万円以下の場合)


主な違いをまとめてみました。

青色申告 白色申告
帳簿付け 必要 不要
事前届出 必要 不要
税金の特典 あり なし

帳簿付け、事前届出が必要な青色申告ですが、どちらも大した面倒はありません。マネーフォワードクラウドを使えば、帳簿付けはカンタンですし、事前届出も作業自体は大したことはありません。

やはり税金が安くなる青色申告のメリットはデカイ。副業サラリーマンが青色申告をやらない理由は見つからないはずです。

では、青色申告の「税金の特典」とは何でしょう。特典の内容をみていきましょう。

Sponsored Links

税額だけじゃない!青色申告はこんなにトクする!5大特典とは?

青色申告の特典として「税金が安くなる」は、最大のメリットの1つです。具体的に見ていきます。

  1. 所得金額から65万円を差し引ける
  2. 赤字が出たら、来年以降の黒字と相殺できる
  3. 家族への給与を全額必要経費にできる
  4. 30万円未満の備品の購入を一度に必要経費にできる
  5. 家事按分で家賃や光熱費を経費にできる



それぞれを見ていきましょう。

1.所得金額から65万円を差し引ける

青色申告による最大のメリットは「青色申告特別控除」があること。青色申告を行うだけで、無条件に65万円を所得より差し引くことができます。

たとえば、年間100万円の副業収入がある場合、白色申告では100万円を基礎として所得税を計算します。青色申告の場合は、65万円を控除できるので、35万円を基礎に税金の計算が行われます。

それだけ税金は安くなり、手元に残るお金が増えるということ。これは青色申告する最大のメリットといえるでしょう。

最大の65万円控除を受けるには、複式簿記で帳簿を付ける必要があります。「複式簿記は難しいのでは」と考える方もいるでしょうが、そんなに難しくありません。

マネーフォワードクラウドを利用すれば、会計の知識がなくても全然OKです。ぜひ帳簿付けをマスターし、65万円控除額をゲットしましょう。

2.赤字が出たら、来年以降の黒字と相殺できる

副業して事業を軌道に乗せるまでに、数年は赤字が出てしまうケースもあります。そんな時、青色申告であれば赤字を翌年以降3年間も所得から控除できるんです。

たとえば、1年目に300万円の赤字が出た場合、2年目に100万円の黒字だとしても、税金はかからない。3年目、4年目も同様に100万円の黒字であっても、それぞれ税金はかかりません。

赤字を最長3年も繰り越せるので、いくら黒字になっても、税金がかからないんです。

ちなみに、白色申告の場合は、いくら多くの赤字が出ても、赤字を繰り越すことはできません。こんなメリットを享受できる青色申告は、やっぱりマストですね。

Sponsored Links

3.家族への給与を全額必要経費にできる

副業サラリーマンでも、家族と一緒に事業をする方もいるでしょう。不動産、駐車場経営やオークション、せどり、アフィリエイトなどなど。

青色申告では、家族や親族に支払った給与を、全額経費にすることができます。青色事業専従者(家族)の届出を税務署にするだけで、その特典を受けることができます。

ただし、青色専従者になるための条件があります。

  • 生計を一にする配偶者や親族
  • その年の6ヶ月を超える期間、事業に従事している
  • 15歳以上であること(その年の12月31日基準)
  • 給与の額が適正であること


補足:給与の額が適正であることは条件
家族へ支払う給与や賞与の額は、適正であることが条件です。同じ仕事内容で明らかに高い給与を支払っている、実態とかけ離れている場合は、税務署から指導が入るので注意です。

補足2:配偶者控除は注意
青色事業専従者になると、配偶者控除が受けられなくなります。配偶者控除は38万円なので、38万円以上の給与を支払わないと、配偶者控除を受けた方がトクです。配偶者控除以外の家族、子供でも扶養控除の対象外となるので注意です。

4.30万円未満の備品の購入を一度に必要経費にできる

副業サラリーマンであっても、副業で使う備品(パソコン、机、コピー用紙、ボールペン等々)を購入すると、必要経費にできます。

10万円以上するものは、固定資産となり「減価償却」という方法で、数年に分割して経費にしていくことに。一度に一括して経費として認められないということです。

たとえば、15万円のパソコンを購入した場合、1年目は5万円、2、3年目も5万円と計3回に分割して経費計上することになります。これが減価償却。

しかしながら、青色申告では、30万円未満の固定資産について、一度に必要経費にする優遇措置が認められます。上の例でいうと一括して30万円を経費計上できるということです。

しかも、通常の減価償却と優遇措置を選べるというのがポイント。

どういうメリットがあるかというと、多くの利益が出そうな時は、購入したモノを一括して経費にして、所得を減らすことができる。逆に赤字になりそうなら、減価償却を選択して、将来の経費にできるということ。

儲かりそうな年は、高い備品をそろえるチャンスといえますね。

Sponsored Links

5.家事按分で家賃や光熱費を経費にできる

副業サラリーマンの場合、自宅を仕事として使う場合もあるでしょう。その時に使えるのが、家事按分。

たとえば、自宅(賃貸)の3分の1を仕事で使用している場合、家賃の3分の1を経費として計上できます。家賃だけでなく、インターネットの通信費や電話料金、ガス代、電気代などの光熱費も按分できます。

これも青色申告のメリットですね。

補足:按分するときは適正さがポイント
按分は「合理的に説明できるかどうか」がポイントです。税務署に対して、按分の根拠を明確に説明できることが必要ですよ。

家賃であれば、使用している床面面積、電気代や電話料金などの光熱費は、使用時間、使用回数に注目して算出します。厳密である必要はないですが、根拠のある割合にすることがポイントですよ。

青色申告は手間がかかる?

個人的には、副業サラリーマンは青色申告をした方がいいと思っています。

上で紹介した5大特典は受けられるメリットは大きいですし、初めて確定申告する方が思っているより難しくない。手続きや手間もそんなに面倒ではない。

税務署への手続きは、書類を書いて届出するだけで、そこまで面倒な作業でもありません。一番のネックだと思われる帳簿付けや納税に伴う事務作業も、マネーフォワードクラウドを使えば、簡単にできます。

会計の知識がなくても帳簿付けはできますし、納税までソフトで完結してしまいます。サポートもしっかりしているので、心配の必要はないですよ。

マネーフォワードクラウド

まとめ

青色申告と白色申告の違いは理解できましたでしょうか。

青色申告の特徴は、

  • 税金が安くなる特典を受けられる
  • 帳簿を付け、税務署に所定の申告書と決算書を提出する
  • 事前に税務署への届出が必要


白色申告の特徴は、
帳簿を付ける必要なし(300万円以下の場合)

青色申告の5大メリットは、

  1. 所得金額から65万円を差し引ける
  2. 赤字が出たら、来年以降の黒字と相殺できる
  3. 家族への給与を全額必要経費にできる
  4. 30万円未満の備品の購入を一度に必要経費にできる
  5. 家事按分で家賃から光熱費を経費にできる



具体的な手続き方法は、次の記事でも紹介しています。

かれこれ6年ぐらい青色申告にしていますが、個人的には、青色申告をやったおかげで、会計知識も自然と学べたので、本業の方でも役に立ちました。副業サラリーマンの方は、ぜひ青色申告にトライしてください。

マネーフォワードクラウドはおすすめ